稲のWCSの質について


最近稲のWCS(ホールクロップサイレージ)をやっている農場があります。

飼料用の稲を穂が硬くなる前に穂ごと収穫してロールのサイレージにする方法です。

輸入飼料に頼らないことを目指して非常にいい手法ですが、収穫方法の問題で質の悪いものができ、牛の調子が悪い農場をよく見かけます。

飼料稲は田んぼに植えていますが、収穫の時に田んぼの土の水分が多く柔らかいので収穫用のトラクターやハーベスターのタイヤに土が付き、ラップする時にそれが混入しています。土はカビが住んでいるので、土が入るとWCSの中で増えてカビだらけになります。

飼料稲を植えている田んぼのまわりには普通の稲を植えていて、飼料稲を刈り取る時期はまだ田んぼに水が入っています。そのため飼料稲用の田んぼだけを水抜きして乾燥させることはできません。

そのため収穫しにくいので、収穫時期を遅らせて田んぼが乾燥してから収穫しています。

その頃になるとモミが硬くなります。モミの中にはコメが出来て栄養はあるのですが、(成分分析に出すと、すり潰して葉っぱもモミも粉にして分析するので成分は高くなる)モミを消化できないのでそのまま糞に出てきます。つまりワラみたいのを食べさせているのです。

ワラに近くなるとタンパク質も養分も少なく、栄養不足になります。そのため発情が来ません。

カビの影響と栄養不足のダブルパンチで調子が悪くなります。

稲のWCSは、輸入飼料に頼らなく、栄養成分も申し分ない、非常にいいエサです。

土を混入しないこととモミが柔らかい時期の収穫。作るならそのことをしっかり考えて作ってください。


[PR]
by agricoach | 2017-05-16 22:56 | 技術


2冊目の本ができました。今回の本はイラストをいっぱい入れています。       メールは kagryt5297wexv@btvm.ne.jp まで。


by agricoach

リンク

カテゴリ

全体
運営
行動科学
ユーモア
見える化
コーチング
まんが
農業
整理整頓
失敗学
技術
目標実行委員会Ⅲ
「人を動かす人」になれ!
原田隆史
名言
トヨタ風「最強の社員」
学ぶ技術
人間力
アソシエ
みやざき中央新聞
仕組み化
カイゼン
加点主義
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2015年 08月
2015年 04月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 08月
2011年 04月
2010年 07月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

ライフログ










その他のジャンル