学ぶ技術 2

羽根拓也氏の「限界を突破する学ぶ技術」という本があります。

その中から、参考になた部分を抜き出してみます。

:::::::::::::::::::::::::

「ベルコンワーカー」

真面目なベルトコンベア:ワーカーは会社にとってありがたい存在です。
そかし、ベルコンワーカーは、そのけなげさとは裏腹に大きな問題を抱えています。

それは、「思考停止」です。
それは手元に流れてくる仕事をどうこなすかについてのみ思考をフル回転させています。

本来考えなくてはいけないことは、
「どうすれば、もっと作業効率がよくなるのか」
「工場全体のあり方はどうあるべきか」
「自分自身の将来は」などについて
まったく、考えることができません。

そして、恐ろしいことにベルコンワーカーには自覚症状がないことです。
「思考停止」に陥っていることに本人は気がつきません。

:::::::::::::::::::::::::

私自身も「ベルコンワーカーになっているかな」と思うことがあります。

手元に流れてくる毎日の往診を、どうすればうまくこなせるか
病気を治すには、もっといい方法はないのか、などには
頭を使っているのですが、
毎日の診療をこなすことを、頑張って、
いっぱいこなすと、「よく働いた!」と自己満足するのです。

「自分の将来をどうするのか」 とか
「自分が今から、”これだけはしっかり残したい”と言うことはなにか」
などについては、あまり考えないのです。


農場でも、同じです。
私のまわりの若手(二代目)の農家に、
「5年後、10年後の農場は、どんな農場にしたいの?」
と質問しても、答えは返ってきません。

今まで、そんな質問をされたことがないし、考えたことがありません。
毎日の、牛の世話。 エサやり、糞の処理、搾乳、種付けなどを
黙々とこなし、一日終わると、「今日もよくがんばった!焼酎飲もう!!!」
となるのです。
「こんなに、働いているのだから、たまにはいいや!」 と思い
農協青年部や消防団で、夜遅くまで飲み方をして、次の日は
二日酔で仕事になりません。

こんなことが、数十年続くのです。
そして、農場での仕事に不満を持ちながら、数十年過ぎるのです。


今、数人の若者農家に、「目標設定用紙」に記入してもらったり、「宝地図」を作ってもらいながら、将来像について聞いています。

今まで、考えたことがなかったので、始めは難儀していますが、
何回も考えてくると、漠然とはしながらも、形が出来てきます。

その将来像に向かって、具体的に何をするのか、毎日のルーティンワークとして、何をしなければいけないかを、考えて実行することです。
その作業を一年間続けると、たぶんかなり違ってくると思います。


ところが、一人でそれを続けようなどと思っても、私を含めて99%の人は挫折します。
続かないのです。飽きてしまうのです。根性がないのです。

「根性で続ける」などと思っている時はできません。

そこで、重要になるのが、「他人」です。
親であったり、兄弟であったり、友人であったり、配偶者であったり
上司であったり、同僚であったり、コーチであったり、仕事で関わる人であったり。

第三者と約束することで、
第三者に認めてもらうことで、
第三者に応援してもらうことで、

続けることができるのです。

「そんな人は、自分の周りにいないから無理だ!」
と思っている人はいませんか。

それなら、プロのコーチがいます。
インターネットで探すと数十人のコーチがいます。
その中から、良さそうな人を見つけて、「お試しコーチング」をしてもらい、
気が合いそうなら、お願いすればいいのです。

もちろんお金がかかりますが、タダでどうにかしようなどと思うのは虫がよすぎます。
ぜひとも実現したいなら、お金を出してでも、実現させようと思わなければ実現しません。

一般的に、トラクターには、500万円、600万円でも出すのに、自分の能力を上げることには、数万円も出しません。

夜飲み屋に行って、横におねえちゃんでも座れば、数千円。これはすぐに出します。
年間数万円、飲み屋では、いつものように財布の紐はゆるんでいます。

トラクターは数年で故障をして年間数十万円の維持費がかかりますが、一度自分の能力を上げれば一生使えます。

これは、農場内で優先順位を間違ったいい例です。
[PR]
by agricoach | 2006-11-10 22:10 | 学ぶ技術


2冊目の本ができました。今回の本はイラストをいっぱい入れています。       メールは kagryt5297wexv@btvm.ne.jp まで。


by agricoach

リンク

カテゴリ

全体
運営
行動科学
ユーモア
見える化
コーチング
まんが
農業
整理整頓
失敗学
技術
目標実行委員会Ⅲ
「人を動かす人」になれ!
原田隆史
名言
トヨタ風「最強の社員」
学ぶ技術
人間力
アソシエ
みやざき中央新聞
仕組み化
カイゼン
加点主義
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2015年 08月
2015年 04月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 08月
2011年 04月
2010年 07月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

ライフログ










その他のジャンル