学ぶ技術 3  自己成長力

自己成長力を伸ばすことは、原田氏のリーティングでも最重要とされています。

「学ぶ技術」のなかでも、自己成長力をいかにつけるのか、
簡単に言えば、これが最大のテーマです。

自分で現状を分析して、自分で問題を見つけ、自分で解決策を探し、自分で実行し、自分で責任をとる。

これができる人が、自己成長力があります。

ところが、私も含めて、なにか大きな問題にぶつかると、
考えるのをやめて、「思考停止」になるのです。

「まあ、どうにかなるや」とか「考えないことにしよう。そのうちどうにかなるよ」などと思い、行動をストップするのです。

じつは、「思考停止」になるような問題にぶつかった時は、ほんとは重要な分岐点に来ています。 その問題を解決することができれば、仕事の面でも、個人の成長力の点でも、能力の点でも大きく伸びるチャンスなのです。

ところが、「思考停止」になった時に、
「自分には、金もないし、技術もないし、才能もない。どうせチャンスはない」 と思っている人には、その壁を越えることはできません。

じつは、この考え方のパターンが、成功できない理由なんです。
「ナニナニがなければ、ナニナニはできない。」 と思い「思考停止」 になります。
するとそれ以上は、解決策を見つけ出せません。

逆に、成功する人は、「思考停止」になる場面に会っても、「解決する方法がどこかにある」と思い頭をフル回転させます。

成功した人は、実は才能やヒラメキで、劇的に壁を越えたのではなくて、行き詰ったときに頭を使い、解決策を考え行動し、また失敗しても、さらに考えて次の行動を起こし、いい方向にもっていくのです。

松下幸之助氏の言葉に、「成功の秘訣は、何回失敗しても、成功するまで諦めないこと。ただこれだけだ。」 というのがあります。

農場でも、牛の調子が悪い、病気がよく出る、牛が死ぬ、成績が上がらない。という農場もあります。解決策は、ほとんでの農場でわかっています。それを実行できないのです。

その壁はなんなのか、
「面倒くさい」 「きつい」 「仕事の量が増える」 「今までしなくても、うまくいっていたこともあったから、このままでいい」 「ヤル気がない」 「すこし、大変だけど、このままでいいや」 「諦め」など。

では、この壁をどうすれば越えられるのか。

そのひとつの非常に有効な手法が原田方式のリーティングなのです。
[PR]
by agricoach | 2006-11-15 00:09 | 学ぶ技術


2冊目の本ができました。今回の本はイラストをいっぱい入れています。       メールは kagryt5297wexv@btvm.ne.jp まで。


by agricoach

リンク

カテゴリ

全体
運営
行動科学
ユーモア
見える化
コーチング
まんが
農業
整理整頓
失敗学
技術
目標実行委員会Ⅲ
「人を動かす人」になれ!
原田隆史
名言
トヨタ風「最強の社員」
学ぶ技術
人間力
アソシエ
みやざき中央新聞
仕組み化
カイゼン
加点主義
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2015年 08月
2015年 04月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 08月
2011年 04月
2010年 07月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

ライフログ










その他のジャンル