農場長の心得

 テイジン社長の長島徹氏は理想の上司の6条件として以下のことを上げています。

上司というのは、農場ではおとうちゃんや農場長。会社では社長や部長。農協では組合長や支所長。共済の診療所では、診療所長。農機具会社では、支店長などのことです。


1:目標をはっきりさせ、夢、ビジョンを語れる。
2:聞き上手である。
3:反対意見やどんな仕事のアイデアも怒らないで一旦受け入れることができる。
4:部下の輪の中に自ら飛び込んでいき苦楽を共にできる。
5:「部下の責任は私が取ります」と言える。
6:女性がイキイキと働き、結婚してもやめる人が少ない職場を作れる。

こんな農場長がいれば、最高の農場ですが、現実は、なかなかいません。

こんな上司の理想像を聞いても、ボヤキが聞こえてきそうです。

1:目標をはっきりさせ、夢、ビジョンを語れる。
先行き不透明で、エサ代は上がるし、乳価は下がるし、夢なんかねえよな!
農協の通帳には、金が残らないから、うちの農場長は、いつやめようかと話しているばっかりや!

2:聞き上手である。
こんな上司に会いたいもんだ! うちの上司は、人の話を聞かねえし、自分の話ばかりする。

3:反対意見やどんな仕事のアイデアも怒らないで一旦受け入れることができる。
こっちが、なにか提案しても、頭ごなしに、「そんなこと、できる訳がない!」と一喝だ。
失敗でも報告しようものなら、怒りちらして、そりゃあ、大変だ!

4:部下の輪の中に自ら飛び込んでいき苦楽を共にできる。
きつい仕事は、部下にまかせて、自分は楽な仕事ばかり。

5:「部下の責任は私が取ります」と言える。
そんな発言、聞いたことがないね!
悪い結果は、部下の責任。いい成績は自分の功績。

6:女性がイキイキと働き、結婚してもやめる人が少ない職場を作れる。
女がいくら意見しても、見下して、「女の出る幕じゃない」のひとことで終わる。

こんなボヤキが、聞こえてきます。


もし、農場長や親父が、この理想像に近づこうと、がんばっていれば、
周りの人も、納得して仕事ができるものです。

でも、ほとんどの農場長は、「どんな上司でなければ、農場は動かないのか」などは、あまり考えないし、そんな情報も入りません。

でも、いろんな経営の本や、ビジネス誌には、「部下の意欲をいかに上げるか」などの話題が豊富に載っています。

今からの、農場長は、この分野を勉強すべきです。
[PR]
by agricoach | 2006-12-10 21:21 | 運営


2冊目の本ができました。今回の本はイラストをいっぱい入れています。       メールは kagryt5297wexv@btvm.ne.jp まで。


by agricoach

リンク

カテゴリ

全体
運営
行動科学
ユーモア
見える化
コーチング
まんが
農業
整理整頓
失敗学
技術
目標実行委員会Ⅲ
「人を動かす人」になれ!
原田隆史
名言
トヨタ風「最強の社員」
学ぶ技術
人間力
アソシエ
みやざき中央新聞
仕組み化
カイゼン
加点主義
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2015年 08月
2015年 04月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 08月
2011年 04月
2010年 07月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

ライフログ










その他のジャンル