”つもり”病

a0054905_21304678.jpg


上の写真を見てください。
少し写りが悪いのですが、これは、和牛の子牛です。

私が農家に行って、「生まれてすぐから、濃厚飼料を食べさせていますか?」
と聴くと、ここの農家は、
「食べさせているよ。毎日エサ箱に濃厚飼料を入れて、自由に食べているよ」
と返事がきます。

ところが、このエサ箱は手前の縁の高さは約60cmです。
生まれたばかりの子牛には、高すぎます。
エサ箱の底に濃厚飼料はありますが、小さい子牛は、えさ箱を覗きこめるけれど
食べられません。首をエサ箱の底に伸ばすと、手前の縁がのどにつかえて
エサを食べられません。

農家は、生まれてエサを食べられるようにしているツモリなのですが、
実際は、エサは食べずに、牛床の汚れた敷き料や土や親の尿を舐めたりしています。
そのため、胃に雑菌が入り、下痢の原因になっています。

この例のように、「○○しているツモリ」
なのですが、本当はできていない事が農場の中に多くあります。

それが、病気やロスや無駄につながっています。

仕事の「質と精度」をいかに高めるかが、農場の成績に直結します。

a0054905_21553833.jpg

これは、乳頭の写真です。

「搾乳牛の乳頭は、痛んでいませんか?」とか
「過搾乳になって、乳頭は痛んでいませんか?」
と聴くと

「ぜんぜん、痛んでいませんよ」
「過搾乳なんかしていません」
と返事が来ます。

ところが見てみると、この写真のように、痛んでいます。

現場で見ると、この乳頭は、まだいいほうです。
だからこれくらいなら、「まったく問題なし!」と見てしまうのです。

”乳頭は痛んでいないツモリ” で
”過搾乳はしていないツモリ”  で
”まったく問題はないツモリ” なのです。
[PR]
by agricoach | 2007-05-17 21:40 | 技術


メールはkagryt5297wexv@btvm.ne.jp まで。


by agricoach

リンク

カテゴリ

全体
運営
行動科学
ユーモア
見える化
コーチング
まんが
農業
整理整頓
失敗学
技術
目標実行委員会Ⅲ
「人を動かす人」になれ!
原田隆史
名言
トヨタ風「最強の社員」
学ぶ技術
人間力
アソシエ
みやざき中央新聞
仕組み化
カイゼン
加点主義
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2015年 08月
2015年 04月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 08月
2011年 04月
2010年 07月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

ライフログ










その他のジャンル