カテゴリ:トヨタ風「最強の社員」( 16 )

「当たり前のことを当たり前にやる」をカウコンフォートからみてみると

a0054905_220423.jpg


ここ数年、牛飼いの一番の要点は、「いかにストレスなく快適な環境で飼うことが、
免疫力を上げ、薬に頼らず、生産性が高くなる。」と言われています。

昔から、牛は運動場に出してゆっくりさせる、ことを篤農家は行なってきました。

特に暑い夏場の夜は牛舎よりも涼しい運動場に出す農家が成績がいいことは多くの人が知っています。
また、乾乳期は、乾いた柔らかな牛房で放し飼いにすることも多くの人が知っています。
乳房炎の予防にも、乾いてきれいで快適な牛床にすることは勧められていることはほとんどの人が知っています。

特に子牛のいる環境。

子牛のいる場所が、風通しが悪かったり、サイロの風下だったり、糞尿の取り出し口の近くだったり、雨が振り込んでくる所だったりすると子牛の調子はよくなりません。

うちの近くの農場でもはっきりと良し悪しが表れます。

空気が悪かったり、床が湿ってジュクジュクしていたりすると、完全に抵抗力が落ちます。
下痢したり、肺炎になったり、発育不良になります。

例を挙げると、親牛の入る牛舎の横で、周りはブロックで囲まれて風通しが悪く、親の糞尿の臭いが流れてくるところがありました。
そこでは、床の管理はきれいにしているのですが、下痢が出たり肺炎になったりします。

ある農場では、サイロの風下に子牛のハッチがあります。
サイロを詰める時期になると詰めた後にサイロからすごく臭い汁が出てきます。
その汁が出てくると確実に子牛の下痢が始まります。
人間が嗅いでも、すごく臭く、24時間この臭いを嗅いでいると確実に頭痛、吐き気、肩こり、体のだるさが起こります。

こんな臭いがしたり、雨で床が濡れたり、暑さ寒さがきびしい環境の農場でここ数年、子牛の場所を変え、ハッチを変えた所は、かなり病気がなくなりました。

床の管理も「乾いて柔らかく乾燥している床がいい」ことは、ほとんどの人が知っています。
ところがこの「当たり前」を実行している農場は少ないと思います。

十年から数十年も、高い薬を使ったり、病気の子牛の世話をしたり、発育不良の子牛をセリに出したりしていたのが、子牛のハッチの掃除や水の管理、床の管理はしっかりしてくると、ウソのように手間がかからなく、発育も良好になりました。

子牛の管理では、「当たり前を当たり前に」がすぐに子牛の成績に直結しています。
[PR]
by agricoach | 2007-07-09 22:00 | トヨタ風「最強の社員」

「当たり前のことを当たり前にやる」を堆肥つくりからみてみると。

「当たり前のことを当たり前にやる」を堆肥つくりからみてみると。

堆肥つくりの基本はよく知られています。

まず堆肥に積むときは、糞尿の水分を60~70%くらいにします。
そして、切り返しを3ヶ月の間に数回やります。
初期の発酵をよくするために、ポンプで空気を入れて
初期に温度が70度以上に上がるように、発酵をうながします。

この水分含量、切り替えし、初期発酵をしっかりしないと
いい堆肥はできません。

a0054905_5422179.jpg


この写真は、堆肥盤に溝を切って、中にパイプを入れ
そこからポンプで空気を送り込むやつです。
堆肥場にはよく使われています。

ところが、最初の頃はいいのですが、しばらくすると
多くの堆肥場で、せっかく作っているこの仕組みが、
パイプに穴が詰まって、うまく空気が出ていないのです。

堆肥を切り替えした時に、溝掃除をして固くなった部分をほぐしてやり
穴から空気が出やすいようにしてやることは必要なことです。
「設備を作ってしまったら、それでOK」と思いたいところなのですが、
現場を見てみると、うまく動いていないのです。

そのため、せっかく初期の発酵を促して堆肥の温度を上げるために作った装置が
働いていなく、いい堆肥ができていません。

糞尿は、初期にしっかり温度が上がらないと、後で発酵した堆肥に混ぜても
うまく発酵しません。


「水分を調整しなさい」ということも、みんなよく知っています。
ところが多くの農場で、ベタベタの糞尿を積んでいるのです。
そのため、初期からほとんど温度が上がっていません。

特にフリーストールの農場では、固液分離している農場や、
水分調整のために充分にノコクズを入れている農場以外は
まともな堆肥ではなく、ベタベタ糞尿が流れ出しています。

つい、「これを混ぜればいい堆肥ができますよ!」という
薬屋さんの売り込みに釣られて、簡単に混ぜればいいという商品に
手を出すのですが、金がかかる割には、いい堆肥になりません。

それよりも、基本の、「当たり前のことを当たり前にする」ことが
いい堆肥を作ることになると思います。
[PR]
by agricoach | 2007-07-01 05:56 | トヨタ風「最強の社員」

農場内の「気」の流れ

a0054905_612495.jpg


東洋医学の、「流れ」というキーワードを農場で考えてみると。
漢方では「気」の流れが重要視されています。

農場では、農場のメンバーが元気で、「気」が充実してなければいけません。

「元気」や「感謝」や「やる気」や「思いやり」などの「陽の気」がグルグル流れていなくてはいけません。
a0054905_613610.jpg


「陽の気」に対して「陰の気」もあります。
「怠慢」「ねたみ」「陰気」「無気力」「自己中心」「無責任」などです。

陰と陽は裏と表なので、すぐに陽が陰に変わることもあります。

家族経営の農場では、家族の関係が直接に「気」に影響します。
夫婦喧嘩でもしようものなら、どんな人でも楽しくありません。
イライラしながら、口もきかずに目も合わせず、とにかく作業を終わらせるだけです。

そんな時には、まともな仕事はできません。
いやいやながらやる仕事は、ろくなことができません。

夫婦に限らず、嫁舅姑、農場長と従業員の間でも同じです。

多くの農場で「あなたの農場の問題は?」と聴くと「人間関係」という答えが返ってきます。

「元気」や「感謝」や「やる気」の「流れ」などの陽の気がしっかりまわっていないと、質の高い仕事はできません。

ところがこの「気」は目に見えないので、これが難しいのです。
目に見えれば、悪いところを直そうという気持ちになるのですが、目に見えないので、いいのか悪いのかがよくわかりません。

わからないと、「気」の流れをよくするにはどうすればいいのかも、わかりません。

気の流れは見えないので「感じる」練習をしなくてはいけません。
私なんかはよく感じれないのですが、妻は周りの人の「気」がよくわかります。

やはり観察力なのです。
人の言葉使いや話し方、顔色、目付き、目の力、動作などに出てくる変化を読み取れるかです。
読み取るには、普段よく見ていないと読み取れません。

「元気」や「感謝」や「やる気」や「思いやり」などの陽の気が農場の中をいつもグルグル流れているか、どこかで流れが停滞していないか、誰かのところで停滞していないか、農場の外まで発散しているか、こんな「気の流れ」の視点で農場を見ることは必要かもしれません。

農場内の、「元気」や「やる気」が滞らずスムーズに流れるためには、何をどのようにコントロールしなければいけないのか。

「元気」や「やる気」を増やすには、農場長や社長は何に気をつけなければいけないのか。
「気」を少なくしてしまう行動や言葉はどんなものがあるのか。
「元気」や「やる気」を持続して増やすにはどんな仕組みにするのかなど。


農場の中で特にしてはいけないことがあります、それは「ふてくされた態度」「いいかげんな挨拶」これらは農場の中の陽の気を逃がします。

ひとつのキーワードが「笑顔」です。
[PR]
by agricoach | 2007-06-21 06:13 | トヨタ風「最強の社員」

「あたりまえのことを当たり前にやる」を記録から見てみると。


農場では、「記録をしっかりする」が大事だということはみんな知っています。

でも実際の多くの農場で、記録は充分ではありません。

基本的な繁殖の記録、乳量、乳質、体細胞の記録、病気の記録、治療の記録、作業の記録、お金の出入りの記録など記録をつけないといい経営はできないことは、昔からなんども言われています。

でもこの基本的な記録を毎日しっかりつけることは難しいです。

「あたりまえのことを当たり前にやる」農場では、毎日記録を取っています。

たとえば繁殖記録については、
毎日パソコンに記入し、毎日プリントアウトして成績をチェックします。

a0054905_12381278.jpg


上の写真はある農場で使っている日報です。
多くの会社では、その日にした仕事を日報としてまとめます。

でも他の農場では、ほとんど見る事はありません。

その日の受精した牛の番号や発情発見時刻、受精時刻、受精師、発情の状態、種牛名など。

分娩した牛の番号、分娩状況、分娩時刻など。

病気した牛の番号、発見時刻、状態、治療内容、対策など。

今日の作業内容、エサなどの変更の有無、添加物の利用の有無、他に農場内で起った事、反省点、明日の作業予定、目標などを記録しています。

繁殖データも毎日入力してプリントアウトし、チェックしています。

非常に基本的な、毎日確認するという作業が、実際の農場ではやられていないことが多いです。
毎日の作業に追われて、なにかわからないけど忙しくてついついケ確認を忘れてします。

治療しなければいけない牛や、妊娠鑑定しなければいけない牛がどの牛かがわかっていないと、実際の行動に移れません。

同じように、乾乳しなければいけない牛、移動しなければいけない牛、削蹄しなければいけない牛、除角しなければいけない牛など農場の中で、どの牛をどうするのかという作業を決めるためには、記録が最重要です。

こんなことは、当たり前でみんな知っています。
ところが多くの農場でそれをやっていないのです。


農場の管理表も役に立ちます。
1枚に1ヶ月。縦に日付を書いて、毎日1行づつ。
その日の乳量、朝と夕のエサの量、食べ残し、病気の牛の番号と病名、他にサイレージを変えたとか下痢が増えたとか、添加物を使ったとか、雨が続いたなど農場で起こったことを書きます。

これがあると、牛の状態があまり良くないときに、過去にさかのぼって原因を考えられます。

繁殖検診をして、どうも発情の状態や受胎が悪い時、2ヶ月前にやっていたサイロの場所や出来具合、購入乾草の質などを確認できると原因がわかりやすくなります。
それがわかると次の対策も打てます。

農場で何が起こっているのか、どう動けばいいのかを知るためには、とにかく記録がいるのです。

その記録を毎日付けることは、「当たり前のことを当たり前にやる」農場ではしっかりできています。
[PR]
by agricoach | 2007-06-18 12:30 | トヨタ風「最強の社員」

「あたりまえのことを当たり前にやる」水槽編


水の管理。「きれいな水を飲みたい時に飲めるだけやる」ということは多くの農家が知っています。ところがそれがなかなか難しいのです。
「あたりまえのことを当たり前にやる」農場では、水槽の掃除は毎日しています。

掃除のされていないウオターカップでは、水垢がついているしエサの腐れが底に沈んでいます。
a0054905_4361246.jpg



農場は古い牛舎でも、水槽はきれいに掃除されており、苔やのりやエサの腐れは付いていません。
a0054905_4564552.jpg


牛舎の古い新しいは関係ありません。

古い牛舎でもしっかり手入れが行き届いていればまったく問題はないし、逆に新しい牛舎でも掃除されていなければ、問題が多く出ます。

a0054905_4573922.jpg

これは、ガスボンベで作った水槽です。
a0054905_4581967.jpg

中は毎日、掃除されています。

「牛舎さえ新しくすれば、成績はすごく上がる!」と思うのは、思い違いです。

「水はたっぷりと飲めないといけない」ことは最近の情報誌でよく話題にされています。

乳牛の場合、ウオターカップでは20秒で7リットル。
ところが多くの農場で、ウオーターカップのこの水量は出ません。
よく出るとことで、3リットルがせいぜいです。
[PR]
by agricoach | 2007-06-17 05:01 | トヨタ風「最強の社員」

「あたりまえのことを当たり前にやる」をえさのほかの部分 2


同じようにカビを入れない点では。
牛が連動スタンチョンに入っているとき、スタンチョンの下のブロックの上にエサの残りや糞が溜まっていることがよくあります。

a0054905_5292872.jpg



ここに、糞などが溜まっているとカビが付きます。
いっぱい溜まってくると、それがエサの上に落ちてきます。

「あたりまえのことを当たり前にやる」農場では、えさを配る前の飼槽の掃除の時
この部分もよく掃除してからエサを配ります。

毎日していると少ししか溜まらないので、掃除も楽で箒で掃くくらいできれいになります。

掃除をしていないと、糞が固まって固くなりなかなか箒くらいでは取れません。
スコップでゴシゴシしないと取れないので時間がかかって面倒なのでなおさら掃除はしません。

サイレージを密封するビニールは、鳥や狸などによって穴を開けられたり、強い風で破れたりするとすぐに腐ってきます。

ロールされた草もラップが破れると中にカビがきます。

表面にカビが付いている時は、その部分を捨てますが、その下の見た目にきれいなところは農家を捨てません。
ところが実際は、目に見えないカビがないところでも、カビ毒が在ります。

一年中同じ管理をしているはずなのに、種が付きにくかったり、乳房炎が出やすかったりする農場では、エサの質の悪さによる影響の可能性が高いと思います。
[PR]
by agricoach | 2007-06-16 05:38 | トヨタ風「最強の社員」

「あたりまえのことを当たり前にやる」をえさのほかの部分

「あたりまえのことを当たり前にやる」をえさのほかの部分で見てみると

いいエサをやる。つまり腐りかかったえさやカビの生えたエサ、カビや土や砂が混ざったエサなどをやってはいけないことを多くの農家が知っています。

では、現場ではどうでしょう?

サイレージは、サイロから取り出して空気にふれると腐りはじめます。

農場から遠くの距離にあるサイロからサイレージを取り出すとき、エサつくり(TMR)の便利さから前の日にサイロから取り出して次の日にエサを混ぜることがあります。

このサイレージは、完全に腐り始めています。
牛の食い込みも悪いし、繁殖成績も悪くなります。
サイロを取り出すときは、必ずその日に、エサを作る前にするのが条件です。

この「あたりまえ」も時には徹底されていません。


次に濃厚飼料。
多くの農場で濃厚飼料は飼料タンクに入れられています。

この飼料タンクの中は、特に夏場はカビが付いています。
内側の壁にほこりのように付いているのがカビです。
特にタンクが古くなると内側の表面がザラザラになりカビが付きやすくなります。
下の写真は、飼料タンクのエサの出口です。
a0054905_21513838.jpg


エサの出口を覗き込むと、びっしりカビが付いています。
「かびをエサに入れない」管理をしている農場では、

a0054905_2157578.jpg

このようにきれいな出口をしています。
普通こんなところを見ないので、農家は「うちのエサにはカビは入っていない」と思っていますが、本当かどうかはわかりません。

同じようにカビを入れない点では。
牛が連動スタンチョンに入っているとき、スタンチョンの下のブロックの上にエサの残りや糞が溜まっていることがよくあります。

ここに、糞などが溜まっているとカビが付きます。
いっぱい溜まってくると、それがエサの上に落ちてきます。
「あたりまえのことを当たり前にやる」農場では、えさを配る前の飼槽の掃除の時
この部分もよく掃除してからエサを配ります。
毎日していると少ししか溜まらないので、掃除も楽で箒で掃くくらいできれいになります。
[PR]
by agricoach | 2007-06-12 22:01 | トヨタ風「最強の社員」

「あたりまえのことを当たり前にやる」サイレージ編 2

次に踏圧。

最近はバンカーサイロが多くなっています。

畑からワゴンに入れたトーモロコシをバンカーサイロに運び、中に入れます。

踏圧は、ローダーやトラクター、ユンボなどでしていますが、トーモロコシを高く山になるほど積むと踏圧がうまくできません。

多くのバンカーサイロで、上のほうから50cmほどは、うまく圧縮されていません。
特に上の角は、手でも取れるほど圧縮が悪いです。

圧縮が悪い部分のサイレージは空気が入り、いい発酵になっていません。

見た目には良く見えても、実際はよくないサイレージです。
下のほうの、固く締まった部分は、多くの場合問題はありません。

ただ、密閉するビニールが破れて、上部にカビが生えている時は、カビ毒は下まで滲みると言われています。

カビ毒を検査したいところなんですが、実際は検査料が高く(1つのカビの種類が1万円くらい、でカビの種類は、主なものでも10種類以上)検査はできません。

だから、見た目に良く締まっており、色も臭いも問題ないと思いたくなるのですが、実際はカビ毒が入っているかもしれません。

では、どれだけ圧縮すればいいのでしょうか?

それには、サイレージサンプラーがあります.a0054905_21585049.jpg

これでサンプルを取って、密度を調べるとわかります。
デーリージャパンの2007年5月号にサイレージの圧縮について詳しく書かれています。

「しっかり圧縮しなければいけない」とみんな知っていますが、じゃあどれだけ踏圧すればいいのか、どのようにすればいいなかは、人それぞれで違います。

「当たり前のことを当たり前にする」詰め込みかたは、トーモロコシサイレージがDM40%とすると1立方mあたり310kg以上の密度です。

ちょっと感覚的ですが、サイレージを取り出すとき、スコップで削らないと取れないほど固く締まっていれば、いい状態です。

それが、手でほぐせるくらいに圧縮が弱ければだめです。特に上の角はほとんど締まっていません。

ビニールを被せてタイヤなどで重石をしているサイロでは、上から50cmほどの深さは締まっていません。

私が今まで見た中で一番締まっていたのが、写真のサイロです。

a0054905_21355148.jpg


そこは、トランスバッグの中にシラス(南九州の火山灰)を詰めて、1つが800kgほどあるそうですが、それをビニールで密閉した後に載せています。
1列のサイロに20個ほど乗せています。

ここのサイロは上から20cmほどは締まっていませんが、その下は充分に締まっています。
[PR]
by agricoach | 2007-06-08 21:36 | トヨタ風「最強の社員」

「あたりまえのことを当たり前にやる」サイレージ編

a0054905_2217894.jpg


「あたりまえのことを当たり前にやる」このことを農場の中で少し細かく見てみましょう。

まず、サイレージ作り。

サイレージの基本は、適期に刈り取り、適切に詰め込み、踏圧をしっかりし、密閉をしっかりするです。

こんなことは、ほとんどの酪農家が知っています。
では、実際にサイレージを作るときはどうでしょう。

天気などの自然の要因でうまくいかないことも多くあります。

台風でトーモロコシのサイレージが倒れて、茎が折れ、一部は地面に付いています。

折れは茎は一部枯れて、枯れたトーモロコシにはカビが付きやすいです。
地面に付いた部分には土が付いて、刈り取る時に土も一緒に入ります。

雨が続いた後、2,3日晴れて「さあ、サイレージの積み込みだ!」と始めても、畑の水はけが悪いと、土はぬかるんでいます。

大型のトラクターのタイヤには土が付いて、トーモロコシを刈り取る時や詰め込む時に土も一緒に入ります。
畑の土にはカビがいるのが普通です。
土の微生物叢の一員として重要な働きをしています。
土の中では有用なカビも、サイロの中では悪さをします。

畑でうまく土も混じらずにサイロのところに持ってきても、踏圧するトラクターやローダーのタイヤが汚れていることも多々あります。

数日前に雨が降っていると、サイロの入り口に水が溜まったり、ぬかるんだりします。

刈り取り時期もよく、畑でうまく土も混じらずにサイロのところに持ってきても、そのぬかるみでタイヤが汚れて、わざわざその汚れをトーモロコシに付けて詰め込みます。

ある農場の失敗例ですが。
「タイヤが汚れを入れる」と思い、詰め込み前にタイヤを洗おうと思い、水槽を作ったそうです。

非常にいい考えだったのです。

ところが最初はタイヤもきれいになったのですが、すぐに水槽が汚れて、その後に水槽にタイヤが入ると水槽の汚れをサイロに持ち込んだようです。

サイレージ用の添加剤なども利用したのですが、結局このサイレージは見た目にはあまりわからなかったのですが、非常に出来が悪く、普段繁殖成績のいい農場が、そのサイレージをやっている間は、繁殖成績が落ちて、乳房炎も増えました。


サイロを取り出すときに、真ん中より下で所々にカビが見られるときは、このことが考えられます。

こんなサイレージをやっているとまず種は付きません。乳房炎も多発します。
[PR]
by agricoach | 2007-06-07 22:18 | トヨタ風「最強の社員」

トヨタ式カイゼン

トヨタ式カイゼンの中で、農場にも即通じることがあります。

「現場には、気づき学ぶべきことがたくさん隠されている。現場は知恵を生み出すヒントを与えてくれる宝庫である。」

農場の中にも、多くの現場でのポイントがあります。
エサの質、牛の肥満度、蹄の見方、清掃の状態など
「自分の農場はOKだ!」 と思っている事柄も、人によって見方が違います。

同じ牛を見ても、その牛をどう見るかは、かなり差があります。
同じ片付き具合をみて、片付いているか散らかっているかの見方が違います。
それを、いろんな事で確認してみると、話題になることがいっぱいあります。

現場にある、問題をどうやって解決していくかは、実際に作業をしている人が
一番いいアイデアをもっているはずです。

そのアイデアをみんなで出し合い、考えていく作業ができれば
いい知恵が湧いてくるはずです。

「高い設備投資をしたところで、必ずしも問題解決できるわけではない。どんなにすばらし機械や設備にも何らかの問題が内包されている。実際に機械や設備を使用する人だけが知っている問題に気づき、自らの頭や体を使って工夫しなければ、真の問題解決はできない。」

一番悪い例が、今の成績が悪くて収益が低いので、牛舎を新築して多頭化して収益を上げようと計画するのですが、今の農場が散らかっていて牛の状態が悪い農場です。

そんな農場は、高い設備投資をしたところで、問題を解決できるわけではありません。
トヨタ式カイゼンが言う通りです。


「人の知恵を大切にし、ソフト面の充実に力を注げば、お金をかけずにすむことがたくさんある。」

これも農場にたくさんあると思います。
過肥対策、搾乳技術、発情発見、乾乳期管理、エサ作り、かび対策など
知恵を使えば、それほどお金をかかずにすむことはいっぱいあります。

ソフトの充実は、それほどお金がかかりません。
ソフトというのは、作業と作業のつながり、牛や物やお金など流れ、ミーティング、連絡、ボードの使い方、悪い情報のあつかいなど
私が主張する「人」と「仕組み」の部分です。
[PR]
by agricoach | 2007-03-07 23:24 | トヨタ風「最強の社員」


2冊目の本ができました。今回の本はイラストをいっぱい入れています。       メールは kagryt5297wexv@btvm.ne.jp まで。


by agricoach

リンク

カテゴリ

全体
運営
行動科学
ユーモア
見える化
コーチング
まんが
農業
整理整頓
失敗学
技術
目標実行委員会Ⅲ
「人を動かす人」になれ!
原田隆史
名言
トヨタ風「最強の社員」
学ぶ技術
人間力
アソシエ
みやざき中央新聞
仕組み化
カイゼン
加点主義
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2015年 08月
2015年 04月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 08月
2011年 04月
2010年 07月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

ライフログ










その他のジャンル