カテゴリ:整理整頓( 19 )

まんが 整理整頓2

a0054905_2193350.jpg


松崎 「まあ、こんなに散らかっていたら 赤字になっても無理はない」


a0054905_2193998.jpg


米造 「なんだ、その言い方は?」

順子 「キチンと片付いていれば うまくいくみたいな。」


a0054905_2110038.jpg



松崎  「そうとおりだ 奥さん



a0054905_21102389.jpg



米造   「なんで わざわざ 窓から」

松崎   「よこりゃしょっと」


a0054905_21104448.jpg



松崎 「キチンと仕事をする会社はオフィスもキチンと整理整頓されている」
[PR]
by agricoach | 2009-02-07 21:23 | 整理整頓

まんが 整理整頓1

「まんがで読む農場経営」をはじめます。

難しいことを、難しく説明しても、見る人にはなかなか伝わりません。
そこで今回、「漫画で読む。。。。」をスタートします。

永六輔さんのことば
「難しいものをやさしく、やさしいものを面白く、面白いものを深く」
が私の目標です。


a0054905_2128588.jpg


山田牧場の経営者、山田米造。朝から新聞を読んで機嫌が悪い。

米造 「また、エサ代があがったのか。これじゃあうちは赤字だ!」

a0054905_21292131.jpg


米造 「もうやってられるか!」

そこへ、米造の妻の順子が入ってくる。

順子 「やめてよ おとおさん。そんなに怒っても解決しないわよ」


[#MAGE|a0054905_2129404.jpg|200902/07/05/|mid|654|392#]

そこへ窓から一人の老人がのぞいている。

米造 「ん? あんたは?」

順子 「お隣のご隠居の松崎さんですよね」

ご隠居 「相変わらず 騒々しいね」

a0054905_2130070.jpg


実はご隠居は、今は引退しているが 昔会社を経営していた元カリスマ経営者である。

これから、ご隠居と山田牧場のドタバタな葛藤が始まる。
[PR]
by agricoach | 2009-02-05 22:35 | 整理整頓

割れ窓理論

割れ窓理論(ブロークン ウインドウ理論)というのがあります。

これは、割れた窓ガラスを放置すると、誰も関心がないというサインになり、次第に他のガラスも割られ、犯罪が増えるといった悪循環に陥る、ブロークンウインドウ理論です。

有名なのは、犯罪の多いニューヨークでジュリアーノ市長が、この理論に注目し、とにかく汚れた町や地下鉄の電車内をきれいにしたり、落書きを消したりしたそうです。

その結果、犯罪がすごく減りました。

この割れ窓理論は農場にも共通します。
a0054905_5102423.jpg


この写真は、農場の通路に倒れたほうきです。
いつも目に付くところにあるのだけど、農場のメンバーは誰も気にしません。
割れ窓理論では、これが1枚目の割れた窓です。
この状態を放置していると、下の写真のようになってきます。

a0054905_2291620.jpg


育成の牛舎の横ですが、錆びて使わない柵や壊れたハエたたき、汚れた毛布やトタン、よごれたスコップが散らかっています。

これでは、基本的な作業(牛の寝床の管理、きれいな水や空気、えさ箱の掃除など)が
行き届くはずはありません。

使わない物が牛舎の中に転がっていると、少しづつ、どうしようもないくらいに
散らかってきます。

a0054905_218541.jpg

机の上に汚れた物がひとつあると、しばらくするとこの写真のように
散らかってきます。

そうなると、必要な書類がどこにあるかわからなくなるし、
牛の成績(処置しなくてはいけない牛のリスト)もわからなくなります。

それでは、農場でやるべきことが把握できません。

「割れ窓理論」を気にして農場を見回してみてください。
「これじゃあ、まずいな!」と気づくところが、いくつかあるはずです。

この話で一番のポイントは、上の写真の「倒れたほうき」を気づくかどうかです。

気づかなければ、直そうという気にもならないし、行動にできません。

次に気づいても行動するかどうかです。
「めんどくさい」、「まあいいや」などと思っていれば行動になりません。
そうすると次の写真のように散らかってきます。

この意識を高める一番の方法は、多くの経営者が主張する「トイレ掃除」なのです。
[PR]
by agricoach | 2007-11-04 02:38 | 整理整頓

頭の中の整理整頓

a0054905_21373310.jpg

これは、ある若手農家のノートです。

今からやることを、KJ法でマッピングしたものです。
付箋を色分けしているので、見やすくなっています。

やらなければいけないことや、わからないこと、勉強することなど
考えつくことを抜き出して、同じグループごとに分けて、その中で
優先順位をつけています。

彼は、最近都会から帰ってきて、和牛農家の実家に帰ってきて
牛飼いの手伝いをしています。

将来どうしたいのかとか、どんな経営にするのかなど
頭の整理整頓がしっかりできています。

普通、農家の2代目に、書いてもらっても、なかなか文字数が書けません。
つまり考えていないと、ひとつふたつの文字数は書けても、
多くの文字数は書けません。
頭の中で考えていることが、文字になるんです。
彼はたいしたものです。
今はまだ、経験も実力も付いてはいませんが、
将来は、確実に伸びると思います。

今後の課題は、それを地道に実行する「人間力」をいかに付けて、
時間の使い方や、実行力などの実践です。

今週から「原田式目標設定用紙」を使い、実行し始めました。
[PR]
by agricoach | 2007-05-24 21:39 | 整理整頓

最大のコストパフォーマンス

農場で極限のコストパフォーマンスは、「整理整頓」と「ミーティング」です。

トラックターは数百万円。薬は年間数十万円。情報雑誌は年間数万円。
などお金がかかります。

ところが、「整理整頓」と「ミーティング」、この二つは、とにかくお金がかかりません。

お金がかからないけど、この経済効果は、数百万円あります。

最高にコストパフォーマンスがいいものです。
なにしろ、分母がゼロなのですから。

ですから、ぜひにどの農場も始めることを、お勧めします。

ところが、ここに問題があります。
それは、「できない」 「続かない」のです。

じゃあ、それをどうしましょう?

その答えの糸口が、このブログなのです。
[PR]
by agricoach | 2006-11-08 00:27 | 整理整頓

分岐効果

ある本に、「なるほど」と思うことがのっていました。

それは、「分岐効果」。

これは、ある場所を片付け始めると、他のところも気になりだし、
次から次に整理したくなることです。

心理学的に、こんな言葉があったんですね。

整理整頓をするときは、一箇所を片付けることは効果があると
思っていましたが、心理学的にも裏づけられていたんですね。

そうなると、農場では、まず事務所でしょうか。
それも、とりあえず机の上。
机の上が片付くと、ファイルや資料、文書、成績表、本などが次の部分です。

事務所を片付けると、他のところも気になりますね。
事務所まわりや、牛舎内、牛舎まわりへと
広がっていくと、農場全体がきれいに片付いていきます。
[PR]
by agricoach | 2006-11-06 22:34 | 整理整頓

メモの利用

私は、付箋をメモの代わりに利用しています。
仕事中に思いついた事や、忘れたらいけないことなどを
付箋に書いて、車の中に貼っておきます。

写真は、車のルームミラーに貼り付けている付箋です。
a0054905_21211767.jpg


私は仕事上毎日車に乗っています。
一日の中で結構多くの時間、車を使います。

いつも目に付くところに付箋を貼っておくと
忘れてはいけない事は、しっかりチェックできます。

車の中で、思いついた原稿のネタ、農家と話す内容、新しく思いつく事柄など
付箋に書くか、ボイスレコーダーに録音しています。

運転中は、目が離せないので、ボイスレコーダーを使うこともよくあります。

忘れてはいけない事柄は付箋に書いて貼っておく方が
いつも目について、忘れません。
[PR]
by agricoach | 2006-11-02 21:21 | 整理整頓

事務所のデザイン


事務所のデザインをするある会社の社長は、

「オフィスのデザイン、社員の共有スペース、社員のコミュニケーションを活性化させる工夫、社員が気持ちよく働け、意欲が高かまるオフィスにできるかどうかで、会社の業績が伸びる」と言います。

その社長は、エントランス(入り口)が雑然としている会社は、いくら社長ががんばっても業績は伸びず、倒産していることもある」と言います。
[PR]
by agricoach | 2006-10-15 22:11 | 整理整頓

性格と整理整頓

 農場が片付いているか、家が片付いているかというのは、今まで、本人の性格の問題だと私は思っていました。

「あの人は神経質だから、少し散らかっても気になって、片付ける。そんな性格なんだ」

確かに本人の性格なのですが、それで農場や工場の成績が左右されていたのです。
私は、それは変えようもないと思っていたし、変える必要も感じなかったのです。

農場を回ってみると、成績のよい農場は、牛舎が片付いているのです。
繁殖成績も片付いているので、「この牛の分娩日は?」とか「最後の受精日は?」とか聴いてもすぐに答えが返ってきます。

そんな農場では、当然、受精していない牛や妊娠検査していない牛がわかっているので、獣医師に頼んで治療や妊娠鑑定をします。
まめにするので、成績も安定します。牛舎が片付いているところは、他の管理も片付いているので、エサの腐れを食わせたり、病気の牛を見逃したりが少なくなるので、農場全体の成績が上がります。

以前は「成績のよいところは、農場が片付いているんだ」と思っていました。
ところが実は、「農場が片付いているところが、成績がよかった」のです。

今までは、片付ける片付けないは、性格の問題で、これは変えようもないし、これを変える方法もわからなかったのです。

「できれば、片付けよう」とか「本を読んだら整理整頓が重要だ!と書いてあった」とか、農場を視察してもらった技術者から、「整理整頓がいるよ!」とか「セミナーに行ったらどこかの頭のハゲた獣医師が、整理整頓すると農場は儲かる」とか言われて、片づけをするのですが、
1回片付けてそれっきりになるので、2週間もすると、また、散らかっているのです。

性格が、よく言えば「おおらか」、悪く言えば「いいかげん」な人は、どうすればいいのでしょうか?

私もどちらかと言えば「いいかげん」なほうなのですが、そんな人が片づけをするには、「片付ける仕組み」がいるのです。

私なんかは、「がんばって、片付けよう!」とか「時間があったら片付けよう!」などと言っても、一回きりなのです。

農場でも、ミーティングのときに、「まず、事務所の片付け!」
と決めても、それをどう仕組みにするのかがなければ、ほとんど実現しません。

会社や工場、レストラン、お店などでは、当然のようにその日の始業のときに、掃除があります。掃除から始まって、日常の仕事に取り掛かります。
多くの農場では、こんなことはしません。だから散らかっているのです。

最近は、従業員を使っている大きな農場では、仕事の始まりは掃除だと決めているところもあります。そんな農場はきれいに片付いています。

つまり、一日のいつに掃除をするのかを決めて、日常作業の中に入れない限り無理なのです。

休憩のお茶を飲む時間の前であったり、その日の作業の最後であったり、一日の作業の始まる前であったり、その農場の都合のいい時間を決めてしまうのです。

それを農場長の権限で、みんなにっ徹底してもらう。この手順がなければ無理です。

一般に家が一番片付くのは「家庭訪問」のときです。
学校の先生が家に来るとなると、普段あまり掃除をしない母親も、珍しく掃除をします。つまり、他人の目があると、「散らかっていると恥ずかしい」と感じて掃除をするのです。

これを利用した仕組みは、近所の酪農家で「整理整頓グループ」を作って、月に2,3回、みんなで整理整頓チェックに回るのです。

事務所、事務所まわり、牛舎、パーラー、飼料倉庫、機械置き場、便所などのチェックポイントをみんなに点数をつけてもらうのです。
そうすると、人の目が入ってくるし、点数で他の人には負けたくないので、「片付けよう」という気になります。

「整理整頓するぞ!」という掛け声だけでは、まず無理です。
どのように整理整頓を仕組み化するのか。どれが大事なポイントです。
[PR]
by agricoach | 2006-10-01 20:43 | 整理整頓

風水と整理整頓

 風水では、玄関が片付いていることが、その家に「運」にかかわるそうです。

「幸せは玄関から入ってくる。だから、幸せが入りやすいようにいつもきれいにしなさい」
玄関が片付いていれば、運が上昇していいことが起こるそうです。

これは、心理学的に言うと、もっともなことです。
玄関が片付いているところは、家の中も片付いているし、家の周りも片付いています。
仕事をしていれば、職場も片付いています。
玄関は片付いているけど、家の中は、散らかりっぱなし、なんていう家はほとんどありません。玄関が散らかっていると、家の中も散らかっています。

風水は中国4000年の歴史があります。
経験的にどういう場合が、運がよくて、どういう場合に運が悪くなるのかを、数千年にわたる経験の積み重ねで作られています。
そこには、心理学とかなかったのですが、ひとの心理や行動のパターンが裏に隠されています。

玄関が片付いている家は、家の中も片付いているし、何か仕事をしてもうまくこなせます。
整理整頓ができる人は、何をやらせても人並み以上のことができます。
そして、繁盛して金が貯まっている家が、4000年の間、比較的多いのです。

玄関があまりに散らかっていると、人は寄ってきません。
何も儲け話をする人ばかりくるわけではないでしょうが、趣味の友達や、いろんな人が出入りする家は、繁栄する(幸福になる)確率が高くなります。

そんな訳で、「風水には玄関を片付けると幸せが入ってくる」といっているのです。
[PR]
by agricoach | 2006-10-01 06:22 | 整理整頓


2冊目の本ができました。今回の本はイラストをいっぱい入れています。       メールは kagryt5297wexv@btvm.ne.jp まで。


by agricoach

リンク

カテゴリ

全体
運営
行動科学
ユーモア
見える化
コーチング
まんが
農業
整理整頓
失敗学
技術
目標実行委員会Ⅲ
「人を動かす人」になれ!
原田隆史
名言
トヨタ風「最強の社員」
学ぶ技術
人間力
アソシエ
みやざき中央新聞
仕組み化
カイゼン
加点主義
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2015年 08月
2015年 04月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 08月
2011年 04月
2010年 07月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

ライフログ










その他のジャンル