カテゴリ:コーチング( 10 )

具体的に農場でなにをやってもらえばいいのか

農場に行ったときに具体的になにをすればいいのでしょう。

まず持ってもらうのが「メモ帳」です。
作業で発生したこと気づいたことを書いてもらいます。

その次が「やることの整理整頓」つまり将来の計画や作業の整理整頓です。
その次が「日誌」です。

「メモ帳」についてはすでに話しましたので、「やることの整理整頓」について話ます。
農場の中でどのような手順で、計画を立て実行すればいいでしょうか。

ひとつの例を示します。

1:
将来計画を考える。
10年後には、どんな農場を目指しますか?仕事、家族、財産、趣味、教養、健康 この6つの部分について10年後にどんな生活を目指すのか。

この質問は、多くの農場で聞かれたことがなく一般的に普段ほとんど考えたことがありません。

改めて考えてみると、将来どんな農場にしたいのか。非常に重要な事柄です。

10年後の計画から、5年後3年後1年後と落とし込んでいって、次は、年間計画。毎月何をどうするのかを考えていきます。

仕事、家族、財産、趣味、教養、健康の6つについて聞くのは、考えやすくするためです。
必ずしも6つ全部答えられなくてもいいです。

ある農場にこの質問をしたところ次のような答えでした。

10年後には牛乳料理が自慢の1日1組限定の民宿する。
前に使っていた自宅を民家風に改築し裏の畑で野菜収穫、搾乳体験、哺乳体験、渓流でニジマス釣り、手打ちうどん、牛乳なべ、牛乳豆腐の燻製など田舎の贅沢を満喫。週末は予約でいっぱい。

このように具体的にイメージできればできるほど達成可能性が高くなります。
ワタミの渡辺社長に言わせると、細かいところまでカラーでイメージできるかどうか、すぐ白黒になるのをいつも計画を変更しながらカラーで見えるようにする、と言います。

上の民宿の例をもっと細かくイメージするには、民家風とはどんなサイズの家で、間取りはどんなで、使っている木の材質は何で、どんな香りがして、裏の畑には何月に何の野菜が何種類できているのか、その野菜を作るためには、何月にどの苗を植えて、どの種を蒔くのか、その野菜を収穫するお客さんの笑顔はどんなのか、そこで収穫した野菜をどう料理してどう盛り付けるのか、など細かいところまでカラーでイメージできれば実行可能性は格段に上がります。

細かいところまでイメージできると、ではそれを10年後に達成するには5年後3年後1年後には何をどのように準備しなければいけないかが落とし込めます。

民家風に改築のためには、設計はいつまでに、木の材料はどこから何をいつまでに調達するのか、建築はいつから始めるのかなどを5年後3年後1年後の計画に落とし込みます。それぞれの細かい項目を計画に落とし込みます。

10年後の計画が漠然と「農家民宿をしたい」では5年後3年後1年後の計画も大雑把背で漠然として実行可能性は低くなります。

状況が変わったり気持ちや意識が変わったりして将来像も当然変わる事もあります。そのときはまた作戦を変えます。

できればゆっくり時間をとって年に数回は将来像の確認と変更をすることは、重要な作業です。農場ではついつい毎日の作業に追われて、目先のことばかりに気を取られてしまいます。時々ゆっくり時間をとって自分の今の現状と立ち位置将来のことを考えることは、自分の進む道を見るうえでだいじなことだと思います。


10年後にはどんな農場なの?と質問しても今まで考えたことがなければ、なかなか答えが出ません。

その場合は、「10年後の将来像を見つける」が当面の目標になります。
それを半年から1年後をめどに将来像をつくることもりっぱな目標です。
その場合は、2番目の手順のKJ法によるやることの書き出しと整理に移ります。
[PR]
by agricoach | 2007-12-15 06:05 | コーチング

農場での具体的アプローチ

a0054905_2035091.jpg


上の写真は、KJ法で農場内でやるべきことを付箋に書き出して、カレンダーの裏に張り出したものです。思いつくことをとにかくなんでも付箋に書いて、それをグループごとにまとめたものです。

農場の中でどのような手順で、計画を立て実行すればいいでしょうか。

ひとつの例を示します。

1:
K J 法で、とにかくやるべきこと、気がついたこと、やったほうがいいことなどなんでも付箋に書き出して、グループごとに分ける。グループとは、たとえば「繁殖」「お金」「働き方」「育成」「粗飼料作り」などです。

その書き出した付箋で、グループ内でどれを先にするかを決める。

グループごとに分けた付箋を、具体的に実行するにはどうするかをさらに考えて、誰がいつ何をどうするかまで考え付箋に書き込む。
具体的に書き出した計画を、カレンダーなどのスケジュール表に書き込む。

2:
将来計画を考える。
10年後には、どんな農場を目指しますか?
仕事、家族、財産、趣味、教養、健康 この6つの部分について10年後にどんな生活を目指すのか。

この質問は、多くの農場で聞かれたことがなく
一般的に普段ほとんど考えたことがありません。

改めて考えてみると、将来どんな農場にしたいのか。非常に重要な事柄です。

10年後の計画から、5年後3年後1年後と落とし込んでいって、
次は、年間計画。毎月何をどうするのかを考えていきます。

この時に 1 で考えた K J 法で出た項目を何時までに達成するかを決めます。
それを、年間計画の中に落とし込みます。

3:
1 で考えた項目を、重要度(右から左)と緊急度(上から下)のマトリックスに書き出して
何が重要で、何が緊急かを把握する。



以下、次回に続きます。
[PR]
by agricoach | 2007-12-05 21:03 | コーチング

ある農場メンバーの個人的コーチング

ある一つの農場で、そこで働く女性のコーチングをしています。

彼女は、子供はまだ小さくて、農場の仕事と家事の両立がどうもうまくいかなきと
悩んでいました。

彼女が考えている、悩みや、やりたいこと、しなければならないこと
など聞いていって、それをマッピングしてもらいました。

今まで、漠然と
「仕事に追われて、バタバタする割には、うまくいってない!」
「自分は、急がしさに追われて、子供のことも、仕事のことも、いいかげんになっている!」
などと、自分自身にストレスになっていることを
マッピングで、紙の上に書き出すことで、頭の中が整理されたし
やることの優先順位がついてきたし、なにをどのレベルまでやるのか
ということを、整理できたようです。

「コーチング」はまだ数回ですが、
今まで頑張っていた割には、本人が満足できない
状況が、「自分は、これでいいんだ」とまづ自分自身を認めることから始まって
頭の中を整理することで、方向性がわかり、自分自身も安心できて生活できる
ことが、子供や旦那さんとの関係も、もっとよくなるきっかけにできるのではないかと
期待しています。
(けっして、今、子供や旦那さんとの関係が悪いという意味でなく、
もっといい関係になるという意味です)

彼女が言うには、家事や仕事に追われて、自分に余裕がないと
子供の話も、ゆっくり聞けていなかったようだと。

自分の頭の中を整理することで余裕ができて、できるときはなるべく
ゆっくり子供の話を聞こうと自分で心がけているとのことでした。

農場の整理整頓も彼女のテーマのひとつですが
農場にかぎらず、やはり頭のなかも、
「整理整頓」 は重要な 「キーワード」 ですね。


「整理整頓ができて始めて、基本的な作業にとりかかることができる!」
(日本電産社長 永守重信氏の言葉)
ですね。
[PR]
by agricoach | 2006-05-19 10:15 | コーチング

セミナー

今日は、福岡県の甘木市までセミナーで行って来ました。

朝から雪が降って、高速を走れるか心配していたんですが、
どうにか、無事に着いてセミナーを開けました。

話題は、午前中が「ファシリテ-ション」で
普及センターや農協の職員の方々が約20名。

農場では「人」「技術」「仕組み」について考えないとうまく動かない。
農場へは「技術」の部分だけが情報として外部から入ってくるけれど
それでは、実際にはあまり変化が起こっていない。
その「仕組み」の中のひとつが「ファシリテ-ション」で
会議をどのように、動かせば効率的に役にたつミーティングが
できるのかを、実習をまじえて講習しました。

おおまかなファシリテ-ションの方法を説明して、
次にグループに分かれて、サンプルテーマで話し合いをしました。

サンプルテーマは
「子供の安全をいかに確保するか」と
「ソフトバンク(野球)を優勝させるには」
というテーマで練習しました。

時間的に、短かったのでかなり、はしょって
おおまかな流れしか説明できませんでしたが、
概略は、理解してもらえたのでないかと思っています。

午後は、農家も含めて50名ほどで
「聞く」ことを実習しました。

まず、午前中と同じで、なぜこんなことが必要かを説明して
それから、二人一組になって、「聞き役」と「話し役」になてもらい
いかに、聞き手の聞き方によって、話し手の話しやすさが違うのかを
実感してもらいました。

普段の生活の中での会話を、イメージしてもらい
いかに普段、自分が人の話を聞いてなかたのかを
実感してもらえたらよかったと思っています。

それから、のこり30分ほどで、
上司と部下の関係。上司学。などを少し解説しました。

午前午後とも1時間30分ほどで短い時間だたので
急ぎ足で、若干伝わりにくい部分があったのは反省しています。

次回は、もっと、おもしろネタを交えようと思っています。
[PR]
by agricoach | 2005-12-13 21:25 | コーチング

傾聴:日経新聞より

先日、日経新聞におもしろい話題がのっていました。

「傾聴」です。
悩み相談に乗っても、解決方法をしめさず、ただ聴いてあげる。

この「傾聴」が高齢者の心のケア、終末医療の患者、
子供、企業人らにも威力を発揮しその効用が認識されている。

傾聴のポイントは

1:話をする相手を大切な存在だと考える。
   相手が寝たきりでも認知症でも聞き手にとっては大事な人

2:相手がいつも主人公であり、その話を興味を持って聴く
   興味を持てないと話を聴けない

3:相手の話に批判、反論をしない
   相手お話を否定しないで、ありのままを受け止める。

4:相手がどんな気持ちで話しているか、その気持ちをくみとる。
   つらい思いを話す相手には、そのつらさを疑似体験する気持ちで聴く

5:相手に聞き手の気持ちを押し付けない。
   相手がより多く話すことで、自分の考えを整理し、
   相手が自ら問題を解決していくのをお手伝いする気持ちで

この傾聴によって、

認知症の人が、積極的に話すようになったり、

患者が医師に信頼と安心、満足を感じれるようになったり

病気を否定的にとらえていたガン患者が、
自分の人生の締めくくりをきちんと考えるようになったり

悩みを持つ子供が自分結論をだしたり

会社で社内や取引先とのコミュニケーションに役立てたり

ネット上の「ネット荒らし」にも対応できたり

いろんな事例が、あるそうです。
[PR]
by agricoach | 2005-12-09 12:44 | コーチング

私の師匠

私の師匠の杉本さんのホームページです。

コーチング実践会

杉本さんは、「コーチング」のプロですが
一般の「コーチング」理論と違い
ちょっと、斜めから見た特有な考えは非常に参考になります。

「ほんまにコーチングは効果があるんかいな?」

とか

「マニュアルどうりのコーチング。そんなのも大きなお世話だ!!」

とか

ちょっと、ひねくれた見かた。いいですね!!
[PR]
by agricoach | 2005-12-06 21:34 | コーチング

ウソの笑いと本当の笑い

最近読んだ本(嘘つき男と泣き虫女)に
「ウソの笑いと本当の笑い」の違いがのってました。

本当の笑いは、すぐに出て、左右対称で
ウソの笑いは、顔の左右非対称で、ゆっくり出る
そうです。
いわゆる、「ゆがんだ」笑いになる。

うその笑いを見つけるには、
「ゆがみ」と「時間差」を見ればいいようです。

そのことを知って、ドラマでの俳優の演技を見ていると
「なるほど」
ウソの笑いや、裏に何かある笑いは、「ゆがんでいる」んです。

俳優は、それをしっかり演技してるんですね。

素人の無理した笑いは、バレバレです。


笑顔といえば
今日は、女子プロゴルフがあったのですが、
6年連続賞金女王の不動さん。

おおきなお世話ですが、
「もうちょっと、笑ったら!」

顔の作りについては、言えた義理じゃないのですが
美人でなくても、愛嬌があれば、
6年連続賞金女王といえば、トッププロ。
CMが、いっぱい入っても、おかしくないのに、
彼女のCMは見たことがありません。

イメージがよくないんです。

顔のつくりが少々まずくても
笑顔は、すべてをカバーします。
[PR]
by agricoach | 2005-11-26 23:02 | コーチング

笑顔

先日、本田美奈子さんが亡くなりました。

アイドル時代に少し名前をしっていただけでしたが、
ニュースで彼女の音楽の才能と努力を、始めて知りました。

闘病生活の中で彼女が書いた「笑顔」という詩があります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

        笑顔        
                 作詞  本田美奈子


子供も、大人も、おじいちゃんも、おばあちゃんも、
みんな、みんな、笑っている顔が素敵。
怒っている顔よりも、泣いている顔よりも、
困っている顔よりも、笑顔が一番!!
きっと笑顔が幸せを呼ぶと、頭ではわかっていても、
心では、なかなか分からない人が、多いんじゃないかな?!

心が開いて、心の目で、周りを見渡してごらん、
きっと、小さな幸せの芽が、見つかるよ。
そして、そこから少しづつ、笑顔が生まれてくる。
笑顔が生まれ始めたら、喜びに変わるのも、もうすぐ。

でも、人は生きていて、辛い時、悲しい時、
涙が止まらず心が開けないとき、勿論、沢山あると思う。
そんな時は、あせらないでね。自分だけが不幸ではない。
もっと、心が暗闇に閉じ込められている人達も、
沢山いることを、少しだけ思い出してみて。

自分の力で心を開く人もいれば、
誰かの愛で、心を開いてもらうひともいる。
気が付かないうちの心が開いている人もいれば、
歌や音楽で、心が開く人もいる。それは、人それぞれどと思うの。

人は心が閉じたり、開いたり、いろいろは経験、
そして、沢山心で感じることによって豊かな心を持ち、
豊かな笑顔を育てて行けるのではないかナ?! と私は思います。
自分自身、豊かな笑顔が増えたら、
きっと周りにいる人達にも、幸せ届ける事が出来るでしょう。

笑顔がいちばん 


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


苦しい闘病生活だったからこそ、笑顔のもち力を実感できたのでしょう。
笑顔は、みんなを自分を幸せにします。

やはり、

「笑顔が一番」

 
[PR]
by agricoach | 2005-11-10 07:41 | コーチング

やっぱり、笑顔は第一歩でんな!

きのうは、妻との話で、「学校での人と人の付き合い」の事になりました。

どんな学校でも親同士で付き合いの悪い人がいます。
また、子供でもなかなか他の人となじめない子供がいます。

そんな人は、外から見ると「機嫌悪そう」にしているんです。
挨拶はしないし、にこりともしないし。

そんな人を見ると、まわりの人は、
「話しにくいな」とか「近寄りにくいな」とか感じます。

そして、なかなか友達もできないし、自分の中でこもってしまいます。


一方、

会ったときに、笑顔で「こんにちわ」とか「調子どう?」とか
「この次、また飲みに行こうや」とか言われると
悪い気持ちはしません。

逆に言えば、相手に対してそれほど親近感を持ってなくても
こちらが、にこっとして話せば、相手は自分のことを悪く思いません。

やっぱり、笑顔は大事な「技術」なんですよ。

生まれながらに、笑顔のいい人は、ラッキーです。

生まれながらに出来なくても、笑顔を出すことに気をつける人と
まったく、気にせず、無愛想に生活している人では、
10年後20年後の幸せに、大きな差が出ます。

ひょっとしたら、学歴より、資格より大事なのかもしれません。

よく言われるように、
「コミュニケーションの始まりは、笑顔から」
だと思った、一日でした。
[PR]
by agricoach | 2005-11-07 21:28 | コーチング

アグリコーチングを始めます

アグリコーチングについて、私の感じていることを、気ままに書いてみます。

今日の、クローズアップ現代で、日本一になったロッテの監督のバレンタイン氏の秘密がありました。

データにもとづいた戦略、選手の掌握術、選手のいいところを見つけて褒めて伸ばす手法。
など、「コーチング」のプロです。

常識を覆す攻撃理論、膨大なデータとたぐいまれな分析力に裏打ちされた戦術、
目で見たもの考えたこと、あらゆる情報を有効に活用しなければ監督はつとまらない。

すぐれたリーダーはチーム一人一人の力を最大限に引き出し、チーム全体の力を高める能力を持っています。
データ分析をするために統計学の専門家をアメリカから連れてきています。

バレンタイン氏は何にでも好奇心を持っている。

1:勝つ喜びを全員に。

日本では負け試合になると、若手が出てきて主力が休むことがおおいけれど、バレンタイン氏は
勝ち試合こそ全員を使い勝つ喜びを全員で共有する。

一年目は、連敗を何度もして、チームのみんなは負けることがうちのチームでは普通の事だと
感じている、それを打破するために勝ち試合の時はメンバーをどんどん入れ替えて勝つ喜びを
全員に感じさせるようにした。にんなが勝利に貢献したという気持ちにさせる。

負け試合で若手に経験を積ませる日本の従来の考え方と逆の発想。
負け試合で若手を出しても悪い雰囲気を共有するだけ。

2:信頼で若手を伸ばす

若手を使うとき、「2軍に落ちるかも知れない」と不安を抱きながらプレーすると結果は出ない。
監督が「お前はずっと1軍にいる選手だ」と信頼を与え、本人が「自分は1軍の選手だ」と自信を
持ったときに成績が上がる。

3:選手のすべてを把握する

とにかく選手の情報を集める。ただ観察するだけでなく、選手に監督にいつも見られているという
感覚を持たせる。彼らに監督がいつも見方についていると思わせるのが大事。

バレンタイン氏のいいところは選手一人一人のことを良く知っている。
自分の意見を言う前に選手の考えを聞く。


これがバレンタイン氏のやり方です。
やはり「コーチング」のプロです。

チーム一人一人の能力を出すためには、各人をよく見て、観察することですね。


[PR]
by agricoach | 2005-11-02 22:49 | コーチング


2冊目の本ができました。今回の本はイラストをいっぱい入れています。       メールは kagryt5297wexv@btvm.ne.jp まで。


by agricoach

リンク

カテゴリ

全体
運営
行動科学
ユーモア
見える化
コーチング
まんが
農業
整理整頓
失敗学
技術
目標実行委員会Ⅲ
「人を動かす人」になれ!
原田隆史
名言
トヨタ風「最強の社員」
学ぶ技術
人間力
アソシエ
みやざき中央新聞
仕組み化
カイゼン
加点主義
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2015年 08月
2015年 04月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 08月
2011年 04月
2010年 07月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

ライフログ










その他のジャンル