カテゴリ:カイゼン( 2 )

新しい設備を作っても成績は上がらない

「新しい設備を作っても成績は上がらない」 の一番いい例が「パソコン」です。

農家は、他の人がパソコンを導入して繁殖管理やエサ設計、経理処理などに使っているのを見ると、「こりゃあ便利だ!自分もしよう!」 とパソコンを買います。

ところが、半分以上の農家でうまく使われていません。

なにしろ、パソコンは、入力しないと意味がありません。
繁殖管理なら、毎日の受精や分娩、妊娠鑑定などを入力しないと、出てくる情報は使いものになりません。

使えないパソコンほどやっかいなものはありません。
枕には固いし、漬物石には軽いし、一昔前ならデスクトップで大きくて机の上に置くと場所ばかりとるしで、いいところはありません。

ノートに手書きで、あるいはボードに手書きでしっかり記録ができている農場以外では、いくら「最新式のパソコン」を導入しても、まったく機能しないのです。

農場でホコリのかぶったパソコンを、よく見るのは私だけではないようです。
[PR]
by agricoach | 2007-03-28 00:12 | カイゼン

新しい設備を作っても成績は上がらない

若松義人氏著の「トヨタ式カイゼン入門」はいい本です。

「カイゼン」 という言葉はよく聞いていたのですが、
中身については、よく知りませんでした。

「カイゼン」のためには、何が必要で、どんな考え方をしなければいけないかを分かりやすく、解説されています。

「ハード面の充実に目を向けて、高い設備投資をしたところで、必ずしも問題解決できるわけではない。どんなにすばらしい機械や設備にも、何らかの問題が内包されている。実際に機械や設備を操作する人だけが知っている問題に気づき、自らの頭や体を使って工夫しなければ、真の問題解決はしない」

これを読んで、私が見てきた農場でも、同じことが起こっていることがわかりました。

たとえば、搾乳用の自動離脱装置。
搾乳が終われば、機械が自動的にはずれるやつです。

これは、搾りすぎを防ぐことができて、非常にいい機械なのです。
ところが、現場では自動的に外れるタイミングは機械によってまちまちなので
実際の残乳量は、どのくらいになっているか農家は知りません。

また、残乳量を調整するためには、どうすればいいのかもほとんど知られてません。
つまり機械まかせにしているのですが、そこで起こっていることを認識していないのです。

ほかにも、「新しい牛舎を作り規模を拡大すれば成績が上がる」
と思うのですが、実際にお金が残っている農場はすくないのが現実です。

新しい農場にすれば、繁殖成績が上がって、新しいミルカーで乳房炎が出なくなり、
新しい牛舎で牛がきれいになると思いたいのですが、実際はあまり関係がありません。

基本的な使い方や消毒、点検などをしていないと新品の機械もうまく動きません。

大きな負債をして作った新しい牛舎がちらかっている農場ほど、心配なものはありません。


ほかに、デジタル万歩計。
最近、発情の発見をよくするために、足にデジタル万歩計を付けて、発情になった時に増える歩数をグラフ化して、発情を見つけるという非常にすぐれものの機械があります。

これを付けて、繁殖成績が伸びた農場は多くあります。

ところが、この機械を導入しても、発情をみつけなければいけない牛に付けるという基本の作業をしていないとまったく機能しません。

全頭に万歩計を付けているなら、付けたり外したりしなくていいのですが
予算の関係で、全頭分ないところもあります。
そのため、発情をみつける時期になる前には、つけていなくてはいけないのですが、
この基本作業ができたりできなかったりしていては、せっかくの高価な機械を
導入しても、成績は伸びないのです。

「人の知恵を大切にして、ソフト面の充実に力を注げば、お金をかけずに済むことがたくさんある」

農場でも、新しい機械を入れる前に知恵を出して解決する事柄も多くあります。
整理整頓をするだけで、機械がうまく動く場合もあります。

機械を入れる前に、
「あたりまえのことを、あたりまえにやる」
ことを確認すべきです。 
[PR]
by agricoach | 2007-03-24 23:54 | カイゼン


2冊目の本ができました。今回の本はイラストをいっぱい入れています。       メールは kagryt5297wexv@btvm.ne.jp まで。


by agricoach

リンク

カテゴリ

全体
運営
行動科学
ユーモア
見える化
コーチング
まんが
農業
整理整頓
失敗学
技術
目標実行委員会Ⅲ
「人を動かす人」になれ!
原田隆史
名言
トヨタ風「最強の社員」
学ぶ技術
人間力
アソシエ
みやざき中央新聞
仕組み化
カイゼン
加点主義
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2015年 08月
2015年 04月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 08月
2011年 04月
2010年 07月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

ライフログ










その他のジャンル