<   2005年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

従業員教育

農場の規模が大きくなると、いかにいい人材を確保するか、あるいは、従業員の教育をどうするかが、農場の将来の発展に直結します。

2000年度に日本経営品質賞を取った、株式会社武蔵野の小山昇社長は興味深いことを言っています。

「知名度や経済力が劣る中小企業では、最初から優秀な人材など獲得するのは難しい。あるいは獲得できたとしても、充分な待遇、指導が与えられないから、すぐに退職されてしまう。であれば、いまいる人材を鍛えることしかありません。」

「一番力を注いだのは各種勉強会の実施です。一人平均300時間、社員には本来の業務とは別に毎日2時間くらい勉強させていたことになります。」
「人材力を高めることこそが“勝ち残る”ための最良の手段だからです。」

従業員が一年に300時間勉強した会社は、勉強していない会社にくらべて5年後には
すごい差になっているそうです。

小山社長の言うとおり、最初から優秀な人材を確保するのは農場でも難しく、また、確保してもすぐやめるというもの、まったく同じなのが現状です。
じゃあ、その従業員をどうやって教育するか。

農場の関係する分野として、繁殖技術、ミルカー管理、搾乳技術、育成技術、糞尿処理問題、エサの給与技術、粗飼料生産技術、牛舎問題、カウコンフォート、投資計画、経理など技術的な勉強はいくらでも材料があります。

各種月刊情報雑誌や技術別冊号、各種セミナーへの参加、ビデオやDVDなど使える教材はたくさんあります。
「コミュニケーション」についても、この本をはじめ、いくつかの教材があります。
自分たちでできないなら、外部に委託すべきでしょう。

普及センター、獣医師、農協、コンサルタント、コーチなど、お金を出してでもみんなで勉強する価値は、すごいものがあります。
年間に、50万円~100万円払っても、元はすぐ取り返します。

でも、人間はそんなに意志が強いものではありません。
私なんかも、なにかしようと決めても、ついつい忙しさにかまけて、やることが後回しに
なってしまいます。

だから、社長あるいは農場長の権限で、勉強を強制すべきです。
強制しなければ、年間300時間はおろか、年間50時間さえもできません。
1年間強制してでも続ければ、確実に変化します。

小山社長の長年の経験でも、「社員を強制的に勉強させていることころは業績が良く、逆に、社員の自発性に任せすぎているところは業績が悪い。それはもう、おもしろいほどです。」

従業員教育について、キーワードは、「強制」と「継続」です。
[PR]
by agricoach | 2005-11-29 21:25 | 運営

ウソの笑いと本当の笑い

最近読んだ本(嘘つき男と泣き虫女)に
「ウソの笑いと本当の笑い」の違いがのってました。

本当の笑いは、すぐに出て、左右対称で
ウソの笑いは、顔の左右非対称で、ゆっくり出る
そうです。
いわゆる、「ゆがんだ」笑いになる。

うその笑いを見つけるには、
「ゆがみ」と「時間差」を見ればいいようです。

そのことを知って、ドラマでの俳優の演技を見ていると
「なるほど」
ウソの笑いや、裏に何かある笑いは、「ゆがんでいる」んです。

俳優は、それをしっかり演技してるんですね。

素人の無理した笑いは、バレバレです。


笑顔といえば
今日は、女子プロゴルフがあったのですが、
6年連続賞金女王の不動さん。

おおきなお世話ですが、
「もうちょっと、笑ったら!」

顔の作りについては、言えた義理じゃないのですが
美人でなくても、愛嬌があれば、
6年連続賞金女王といえば、トッププロ。
CMが、いっぱい入っても、おかしくないのに、
彼女のCMは見たことがありません。

イメージがよくないんです。

顔のつくりが少々まずくても
笑顔は、すべてをカバーします。
[PR]
by agricoach | 2005-11-26 23:02 | コーチング

金玉はなぜ付いているの?

往診で去勢に行ったとき、そこに小学生の男の子がいると
私は、よく、おちょくります。

場面は、私が子牛の去勢をしているところに
小学生の男の子が、怖いもの見たさで、のぞきこんでいるところ。

子供「何してるの」

私 「去勢」

子供「去勢って、なに?」

私 「金玉取ってんの」

子供「なんで?」

私 「金玉とると、軽くなって足が速くなるよ」

子供「うそ!」

私 「じゃあ、なんで金玉ついてんの?」

子供「わかんない」

私 「しっこするには、チンコがあればいいがね」
  「金玉は、いらんやろう!。なんで金玉付いてんの?」

子供「。。。。。。」

私 「切ってやろうか? タダでいいよ。大サービスじゃ!」

ここまで、いくとほとんどの子供は、
後ずさりして、逃げていきます。



父ちゃんと母ちゃんがいるときの、会話は。

私   「よし、牛の去勢は終わったよ。次は父ちゃんのや」

母ちゃん「いいよ、とって。最近は、ぶらさっがってるだけ。」

父ちゃん「まあ、最近は、しっこと尿検査しか用がないね。でも、
       ちょっと痛いから片方だけにして」

母ちゃん「どうせなら、2個ともとってもらってよ」

私   「片方だけなら、バランスが取れなくて、歩いていると、だんだん
     歩く方向が曲がってくるみたいよ」

父ちゃん「でも、もしかして、先々どっかで使うかもしれないし、
     それに、買い物にも付いてきてもらいたいし、
      温泉にも入らせてやりたいから、この次にしよう」
[PR]
by agricoach | 2005-11-23 21:22 | ユーモア

やってるつもり

問題がある農家に行って、農家と相談しながら
原因を探して、対策を考えて、実行をする。

このパターンは、よくあることです。

おおかたの場合は、どうにかよくなって
問題もなくなるんです。

それでも、しばらく(半年~数年)すると
なんとなく、悪くなてきます。

そして、また、原因を探っていくとき
すこしづつ、ズレが出ているときがあります。

「やっているはず」
なんですが
実際に測ってみると、足りなかったり、多すぎたりします。

たとえば、粉ミルクの濃度。

長年、哺乳子牛を育てているので、
「まさか間違ってないだろう」と農家も私も思っているのですが、
測ってみると、だいぶ違うのです。

粉ミルクを測るコップが変わったのに、入れる回数は同じだったりして
「やってるはず」、「食べてるはず」
がずれていることが、多くあります。

特にサイレージのカビと変質。
「いいサイレージをやっている」はずなのですが、
実際は、サイロから出して時間が経って、熱を持ち
変質し始めていることがよくあります。

すると、食べる量が減って、いろんなまずいことが出ています。

カビが大問題です。

バンカーサイロのカバーをはずすと表面はカビがあります。

カビの見えるところを捨てて、その下の見た目には
いいサイレージを食べさせているのですが、
「いいサイレージ」のはず。なのです。

本当は、カビ毒が下まで染みているので
牛はカビ毒の影響がでます。

いっきに体細胞が悪くなり、乳量が落ち、繁殖が悪くなります。

すごく悪くなったときは、
「ああ!サイレージのカビかもしれない」
と思うのですが、少しずつ悪くなったとき
なかなか、原因がカビだとは、思いません。

和牛農家では、ワラをよく使います。
ワラの根っこから20cmほどは、少しほこりがついたような色になっています。

「農家に、カビの着いたワラを食わせると、発情がこないよ」
と言うと
「だいじょうぶ、うちのワラは、いいワラだから、カビは付いてない」


でもよく見ると、ほこりが付いたようになているところはカビなんです。
また、茎を割ってみると中にカビがあるんです。

「うちはいいワラをやっている」つもりなんです。


その
「~~しているはず」
「~~しているつもり」
ってのが、大きな落とし穴なんです。
[PR]
by agricoach | 2005-11-20 21:13 | 技術

ちょっとボケた、ばあちゃん

うちの近所に、ちょっとボケたばあちゃんがいます。

息子の家は500mほと離れて、ゆっくり歩いて10分ほどのところにあります。

そのばあちゃんは、体は元気ですが、少しボケています。
自分の家から息子の家まで毎日歩いて行きます。

そのコースは、5つほどあるのですが、
コース途中で目に付いたものを、持って行くのです。

花をよく持って歩いています。
途中の家の庭先の花をちぎっていくのです。

ある時は、洗濯物を持って行きます。

ある日うちの洗濯のも干し場で、何かしているので
見てみると、うちの洗濯物を抱えているのです。

その中には、みなれない服もあって
「これ、ばあちゃんのね?」
と聞いても
「違う!」
と言います。

しかし、どう見てもうちの服でないので、
無理やり、待たせて戻しました。

そのばあちゃんは、1日に何回も自分の家と息子の家を往復します。

息子の家は、共働きなので、昼間はだれもいないのですが、
息子の家に行っています。

1日何回も往復するのを見かけるのですが、
そのたびに、手に何か持っています。

「また、どっかから、持ってきたんだな!」
と思いながら、
「どうかならんのかいな」
と思う日々でした。

そんな、ばあちゃんですが、
あるとき数日姿が見えなくなったのです。

「あれ、病気でもして寝込んでいるのかな」
と思って、見かければ見かけたで気になりますが

見かけなくなると、それはそれでちょっと気になります。

その後、2,3日して
いつものように、歩いてウロウロしてました。

ある人いわく、
「ボケてもいいけど、ボケるなら体が弱ってボケないと周りの迷惑になる!」

という言葉を、思い出していました。
[PR]
by agricoach | 2005-11-17 20:06 | ユーモア

逆ピラミッド型

私が読んでいる新聞に 「みやざき中央新聞」 があります。

これは、宮崎市に編集部を置く小さな新聞社ですが、非常におもしろい内容が、載っています。
月に4回発行で、1ケ月 1050円。

毎回、教育、医療、心理学、経営、健康、子育て、障害者問題、環境問題など、いろんな話題で
考えさせられます。

今日来た新聞に、経営コンサルタントの大石憲彦氏が 「逆ピラミッド組織」について書いています。

会社の組織図は、逆ピラミッド型でないといけないと。
お客様の満足度を上げるためにも、社員の満足度をたかめるためにも。

いろんな繁盛店を見ていて感じるのは、「顧客満足度はコミュニケーションの取り具合で決まる」ということです。

お客様が、満足しているか、不満を持っているかをしっかりわかっていないと、いい経営にならない。と。


社長のために、働いているのでなくて、お客と社員自身のために働いている、ということを
どうやって社員に実感させ、実行させれるのかが、運営のおもしろいところですね。
[PR]
by agricoach | 2005-11-15 22:06 | みやざき中央新聞

ブレークスルー(壁を越える)

ブレークスルー(壁を越える)


私自身が感じていることに、
「どうすれば人は自分の殻を打ち破れるのだろうか?」
があります。

「どうせ自分にはできない」とか「これくらいでいいか」とか
「やりたいのだけど、無理だから今のままでいいか」とか私自身もよく思います。

自分自身で「壁」を作っているんです。
それななぜかと言うと、「楽」だからなんです。


日本中の会社で、現状をいかにブレークスルーするかが大きな課題となっています。

ブレークスルーできるかどうかが、
その会社が、伸びるかどうかに直結しています。

ブレークスルーするには、「ずっと考え続ける」ことだそうです。
その壁を越える方法を、いつも考えていると
いつしか、ぱっとひらめく事があるようです。

それに、1ケ月かかるか5年かかるかは
人によって違うみたいですが。


この前のNHK特集で、盲聾者の福島智氏のことが紹介されていました。
福島氏は、盲聾者で目も見えず耳も聞こえない人です。
福島氏は母親が考案した指点字で会話し、
今は東大の助教授で社会のバリアフリーに関わっています。

目も見えず耳も聞こえないという状況でも、そこまでできるのです。
それに比べたら自分の「壁」なんて「屁」みたいなものです。

世の中には、もっと大変な状況なのに、「壁」を乗り越えている人もたくさんい
るのです。


がんばらなくちゃ!
[PR]
by agricoach | 2005-11-14 22:17 | 運営

@ フラットな組織


ピラミッド型に対して新しい形として、くもの巣型を話しましたが
次は、「フラット型」です。

あるメガネ会社のことです。

平本清さんは、以前他のメガネ会社に勤め29歳の若さで部長にまでなっていました。ところが36歳のとき社長交代のとき、社内の派閥争いが起き、新社長の方針に反対だった平本さんは結局退職しました。

「仕事をするための根回しが8割で仕事をしているのが2割。派閥によって提案のいい悪いが決まってしまう。だから、どの派閥に入る方が得か、誰に付けば得かなどいつも考えている。」

昭和61年、ともに退社した同僚たちと新会社を設立、社内の上下関係や出世争いに捕らわれず、客との関係だけに専念できる組織をめざしました。

管理職を取り払い、部長、課長もいなく社員をみんな平等にしました。
日本で一番つぶれにくい会社にするために、生産性のない管理職をなくしました。

社長は、社員の総意で選ばれ、任期は最長4年、60歳で定年。代表取締役の社長も法律上必要なために置いているだけで、経営上の権限は一切ありません。

社員全員が売り上げに直結した仕事をする。その結果、創業以来19年で売り上げが40倍、直営店舗が22まで成長しました。

上下関係が厳しいと、平社員は上司の評価を得ようとしてあくせくし、一方上司も本部の課すノルマをこなそうとキュウキュウになります。

そこで、平本さんはノルマをなくすとともに、管理職を廃し、本部や上司を気にしなくてすむようにしました。
すると、特に若手社員たちが自分から考えて接客するようになりました。
ベテラン社員には昇進という意欲がなくなってします。そこで、社員に出資してもらい、利益のほとんどを社員に還元します。その際出資額に応じて利益を分けます。ベテラン社員は出資額を増やしやすいから。
会社の利益が上がれば社員も利益が増えます。この仕組みによって意欲を維持できます。
また、お客の満足を感じることが、社員の喜びとなります。

会社の方針決定は、メールの掲示板で社員全員が見れるようにしました。ここに本部や各店舗は決済を求める提案をすべて書き込みます。設備投資、人事異動、新規の出店計画など。こうした提案は2日以内に反対意見がなければ社員全員が黙認したとみなし、すぐに実行に移せます。

「結果が出た後に、ああだこうだという評論家は生産性がない。意見があるなら、計画が始まる前に言いなさい。黙っていたら賛同したとみなします。」これですごく効率が良くなったそうです。

このしくみは、決済を迅速に効率よく行なえるようになりました。通常、決済には何人もの上司の判子が必要だし、案件によっては会議での承認がいります。しかし、この会社では社内ネットに書き込むだけ。管理職にお伺いを立てたり、根回ししたりしなくていいのです。

普通書き込みから計画実行まで1週間もかかりません。

提案をして意見を言ってもらうには、すべての情報を社員に公開していないと言えません。
だから社長と同じ情報が社員全員に行きわたっています。
会社の収支や損益計算、社員の給料も全員が知れます。

若い人が情報を持っていなければ提案できません、情報がないから思い付きを話してもほとんど却下されます。1、2回誰かが却下されているのを見れば、だれも提案しなくなります。情報が伝わっていれば、それがありません。また、部署を超えて意見、提案を言えます。

支配をするには情報を制御すればいいが、統治するには情報をすべて公開するほうが統治しやすい。
社員がモチベーションを持てるのは、出資者でもあるので会社がつぶれると出資がパアになる。
だから、一生懸命に働くのです。
[PR]
by agricoach | 2005-11-11 22:59 | 運営

笑顔

先日、本田美奈子さんが亡くなりました。

アイドル時代に少し名前をしっていただけでしたが、
ニュースで彼女の音楽の才能と努力を、始めて知りました。

闘病生活の中で彼女が書いた「笑顔」という詩があります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

        笑顔        
                 作詞  本田美奈子


子供も、大人も、おじいちゃんも、おばあちゃんも、
みんな、みんな、笑っている顔が素敵。
怒っている顔よりも、泣いている顔よりも、
困っている顔よりも、笑顔が一番!!
きっと笑顔が幸せを呼ぶと、頭ではわかっていても、
心では、なかなか分からない人が、多いんじゃないかな?!

心が開いて、心の目で、周りを見渡してごらん、
きっと、小さな幸せの芽が、見つかるよ。
そして、そこから少しづつ、笑顔が生まれてくる。
笑顔が生まれ始めたら、喜びに変わるのも、もうすぐ。

でも、人は生きていて、辛い時、悲しい時、
涙が止まらず心が開けないとき、勿論、沢山あると思う。
そんな時は、あせらないでね。自分だけが不幸ではない。
もっと、心が暗闇に閉じ込められている人達も、
沢山いることを、少しだけ思い出してみて。

自分の力で心を開く人もいれば、
誰かの愛で、心を開いてもらうひともいる。
気が付かないうちの心が開いている人もいれば、
歌や音楽で、心が開く人もいる。それは、人それぞれどと思うの。

人は心が閉じたり、開いたり、いろいろは経験、
そして、沢山心で感じることによって豊かな心を持ち、
豊かな笑顔を育てて行けるのではないかナ?! と私は思います。
自分自身、豊かな笑顔が増えたら、
きっと周りにいる人達にも、幸せ届ける事が出来るでしょう。

笑顔がいちばん 


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


苦しい闘病生活だったからこそ、笑顔のもち力を実感できたのでしょう。
笑顔は、みんなを自分を幸せにします。

やはり、

「笑顔が一番」

 
[PR]
by agricoach | 2005-11-10 07:41 | コーチング

やっぱり、笑顔は第一歩でんな!

きのうは、妻との話で、「学校での人と人の付き合い」の事になりました。

どんな学校でも親同士で付き合いの悪い人がいます。
また、子供でもなかなか他の人となじめない子供がいます。

そんな人は、外から見ると「機嫌悪そう」にしているんです。
挨拶はしないし、にこりともしないし。

そんな人を見ると、まわりの人は、
「話しにくいな」とか「近寄りにくいな」とか感じます。

そして、なかなか友達もできないし、自分の中でこもってしまいます。


一方、

会ったときに、笑顔で「こんにちわ」とか「調子どう?」とか
「この次、また飲みに行こうや」とか言われると
悪い気持ちはしません。

逆に言えば、相手に対してそれほど親近感を持ってなくても
こちらが、にこっとして話せば、相手は自分のことを悪く思いません。

やっぱり、笑顔は大事な「技術」なんですよ。

生まれながらに、笑顔のいい人は、ラッキーです。

生まれながらに出来なくても、笑顔を出すことに気をつける人と
まったく、気にせず、無愛想に生活している人では、
10年後20年後の幸せに、大きな差が出ます。

ひょっとしたら、学歴より、資格より大事なのかもしれません。

よく言われるように、
「コミュニケーションの始まりは、笑顔から」
だと思った、一日でした。
[PR]
by agricoach | 2005-11-07 21:28 | コーチング


2冊目の本ができました。今回の本はイラストをいっぱい入れています。       メールは kagryt5297wexv@btvm.ne.jp まで。


by agricoach

リンク

カテゴリ

全体
運営
行動科学
ユーモア
見える化
コーチング
まんが
農業
整理整頓
失敗学
技術
目標実行委員会Ⅲ
「人を動かす人」になれ!
原田隆史
名言
トヨタ風「最強の社員」
学ぶ技術
人間力
アソシエ
みやざき中央新聞
仕組み化
カイゼン
加点主義
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2015年 08月
2015年 04月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 08月
2011年 04月
2010年 07月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

ライフログ










その他のジャンル