<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「瞳」の詩

NHKの朝ドラの「瞳」ですごくいい詩がありました。

里親が里子に宛てた詩です。
テレビを見ながら涙がでてしまいました。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ある所に二人の女の人がいました。
お互いのことを、まったく知らない二人です。

一人をあなたは覚えていません。
もう一人をあなたはお母さんと呼んでいます。

その二人をいることは他の誰とも違う、あなたらしさにつながっています。

一人は、お星さまのようにあなたをやさしく見守り、
もう一人は、お日さまのようにあなたをやさしく見守ります。

一人は、あなたをお腹の中で育み生みました。
もう一人は、あなたと一緒に生きてきました。

一人は、あなたに愛を求める力を与え
もう一人は、あなたをどんな時にも愛しています。

一人は、あなたをその国の人にし
もう一人は、名前をつけてくれました。

一人は、あなたに生まれ持った才能を与え
もう一人は、その才能を伸ばして夢を持たせてくれました。

一人は、あなたに喜びや悲しみを感じる力を与え
もう一人は、不安でいっぱいのあなたを安心させてくれました。

一人は、あなたの生まれたばかりのかわいいほほえみをいつも思い
もう一人は、あなたの悲しみを包みこんでくれました。

一人は、あなたと別れました。それがあなたのためにできる精一杯の愛でした。
もう一人は、あなたに会いたくて一生懸命に祈り、神様が迷わず引き会わせてくれました。

そして、今、あなたはずっと気になっていたことを目に涙を浮かべながら聞きます。

生んだお母さんと育てているお母さん、どっちが本当のお母さん?

我が子よ、どちらもあなたのお母さんなのよ。
あなたには二人のお母さんから、それぞれの愛がそそがれている。
[PR]
by agricoach | 2008-05-24 16:14

@@@金玉はなぜ付いているの?


a0054905_15303480.jpg


作画 天野聡彦氏

往診で去勢に行ったとき、そこに小学生の男の子がいると
私は、よく、おちょくります。

場面は、私が子牛の去勢をしているところに
小学生の男の子が、怖いもの見たさで、のぞきこんでいるところ。

子供「何してるの」

私 「去勢」

子供「去勢って、なに?」

私 「金玉取ってんの」

子供「なんで?」

私 「金玉とると、軽くなって足が速くなるよ」

子供「うそ!」

私 「じゃあ、なんで金玉ついてんの?」

子供「わかんない」

私 「しっこするには、チンコがあればいいがね」
  「金玉は、いらんやろう!。なんで金玉付いてんの?」

子供「。。。。。。」

私 「切ってやろうか? タダでいいよ。大サービスじゃ!」

ここまで、いくとほとんどの子供は、
後ずさりして、逃げていきます。



父ちゃんと母ちゃんがいるときの、会話は。

私   「よし、牛の去勢は終わったよ。次は父ちゃんのや」

母ちゃん「いいよ、とって。最近は、ぶらさっがってるだけ。」

父ちゃん「まあ、最近は、しっこと尿検査しか用がないね。でも、
       ちょっと痛いから片方だけにして」

母ちゃん「どうせなら、2個ともとってもらってよ」

私   「片方だけなら、バランスが取れなくて、歩いていると、だんだん
     歩く方向が曲がってくるみたいよ」
奥さん 「人間のおかま手術も同じなの?」

私   「そうですよ。でも人間の病院ですると数十万円かかるけど、
     私がしたら、牛と同じで4000円でいいよ。1個だけなら
     2000円。それも税込みで!」

父ちゃん「でも、もしかして、先々どっかで使うかもしれないし、
     それに、買い物にも付いてきてもらいたいし、
     この前できたジャスコにもまだ連れて行ってないし、
      温泉にも入らせてやりたいから、この次にしよう」
[PR]
by agricoach | 2008-05-22 15:31 | ユーモア

ポイントカード

世の中、いろんなお店でポイントカードが付いています。

本屋、焼き肉屋、すし屋、電気店、ビデオ屋、スーパーなど、どこでもポイントカードを出しています。

私は電気屋は、ベスト電器、百万ボルト、ヤマダ電器と3枚もあります。
ベスト電器に行って、ヤマダ電器のカードを出したときは、「まずっ!」と思います。

私の顧客の農家では、長男夫婦、長女夫婦、次女夫婦ともお産は同じ産婦人科病院でしています。
子供合計7人ともおなじ病院なのです。
ポイントカードはやりの世の中なので、病院にもあっていいでしょう。
家族、親戚で4人目は、入院費無料とか5人目はタダとか。

最近は高齢化社会なので、田舎は特に高齢者が多く、毎日のように町のどこかに葬式の案内看板が出ています。
葬儀屋にもポイントカードがあっていいかもしれません。

親戚の葬式は、2人目は豪華骨壷贈呈、3人目はベンツの霊柩車利用料半額、4人目は、火葬場代無料、5人目は全葬儀無料、なんてことになればいいでしょうね。
a0054905_22432164.jpg

天野聡彦氏作
私の一番のお気に入りのイラストです。
[PR]
by agricoach | 2008-05-20 22:54 | ユーモア

お花畑

a0054905_618508.jpg


近所の酪農家が、ポピーを植えています。
春はポピー、秋はコスモス。

道沿いの畑は、多くの人の目に留まり、きれいなお花畑です。
畑の一部は、花の持ち帰りOKです。

そこの畑の前には、「牛乳を飲もう!」の看板があります。

小さな休憩所があり、そこにはノートが置いてあります。
花を見に来た人が感想をかけるようになっています。
[PR]
by agricoach | 2008-05-17 06:22

死生学 余命1ヶ月の花嫁

a0054905_21225999.jpg


先日、余命1ヶ月の花嫁という番組がありました。
乳がんを患った24歳の女性の番組でした。

非常にいい番組でした。

生きるということ、死ぬということを正面から捕らえ
見ている途中から涙が出ます。

彼女の言葉に

「明日が来るだけで奇跡です。それを知るだけで日常は幸せにあふれています」

「生きているのって奇跡。いろんな人に支えられて生きている。これで元気になれたら
すごい人間になれると思う。」

この番組を、ある看護学校では教材として学生に見せ考えさせていました。
ある中学でも、授業の中で「命」について考えさせるときに使っていました。

すごくいい番組だと思います。

命に感謝する、周りの人に感謝することの大事さを
感じさせてくれます。

「すべての人が死を迎えると意識したとき、生きる人と死に行く人の区別はなくなる。
すべての人が今を生きる人であり、同時に必ず死を迎える存在です。
死は人生の大仕事である、その時に寄り添える人間でありたい。」

これは死生学の藤井氏の言葉です。

闘病記が、今注目を集めているのは
そこに生きていた人の葛藤や生き方、悩み、希望、感謝が
読む人に、感動を与えるからです。

「感謝」という言葉を考えるとき
闘病記から学べることは、いっぱいあると思います。
[PR]
by agricoach | 2008-05-09 21:40

死生学

a0054905_6373071.jpg


感謝は農場内を円滑に動かすには、重要なキーワードです。
では、その感謝をどうすれば、みんなが感じることができるでしょうか?

最近、生死学に興味を持っています。
欧米には生死学という学問が古くからあるそうです。

人が死に至るときどんな感情やプロセスをとって死んでいくのか。
ガンなどで死を宣告された人に対して、周りの人はどんな対応をすればいいのか。
自分の死を考えた時に、自分の人生で何が大切なのか。
そのためにた、どう生きればいいのか
などを考える学問です。

生きていることに感謝する
自分が大事だと思っている人や活動や物事に対して感謝する
死を意識して生きることで、一瞬一瞬を大切に生きる

宗教というと少し抵抗のある人もいるかもせれませんが
ひとつの宗教、宗派ではなくて
死を中心に考えて生きることを注目する生死学は
「感謝」を感じるうえで、有効な手法だと思います。
[PR]
by agricoach | 2008-05-08 06:51


2冊目の本ができました。今回の本はイラストをいっぱい入れています。       メールは kagryt5297wexv@btvm.ne.jp まで。


by agricoach

リンク

カテゴリ

全体
運営
行動科学
ユーモア
見える化
コーチング
まんが
農業
整理整頓
失敗学
技術
目標実行委員会Ⅲ
「人を動かす人」になれ!
原田隆史
名言
トヨタ風「最強の社員」
学ぶ技術
人間力
アソシエ
みやざき中央新聞
仕組み化
カイゼン
加点主義
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2015年 08月
2015年 04月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 08月
2011年 04月
2010年 07月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

ライフログ










その他のジャンル